LunchTime for Windows95

タイマー起動可能なタスクトレイに常駐ランチャー


ソフト詳細説明

 「LunchTime」 は、タイマー機能を持ちタスクバーに常駐する簡易ランチャーです。

 もともとは、拙作のバックアップツール WLZH32.EXE の補助ツールとして、社内のLANを人のいない昼休みや夜間にバックアップすることを目的に設計したものでしたが、作っているうちに、いつのまにか簡易ランチャーがメイン機能になってしまいました。 (^_^;
  「なくてもいいけど、あると便利かな?」って感じで使っていただければ幸いです。

【 特 長 】

1.アプリケーションのタイマー起動を可能にします。
・タイマーは「毎日,毎週,毎月,指定日」の日付区分と「時間」で設定します。

2.タスクバーに張り付く簡易ランチャーです。
・ LunchTime起動後にタスクバーに表示される目ざましアイコンを左ボタンクリックで、ポップアップメニューを表示します。このメニューから LunchTimeに登録してあるアプリケーションをタイマーの設定にかかわらずに即時起動できます。

3.関連付け起動もOK。
・LunchTimeにデータファイルを登録すると、関連付けられたアプリケーションを起動してファイルを開きます。

4.アプリケーションやデータファイルを最大10個まで登録できます。

動作環境

LunchTime for Windows95の対応動作環境
ソフト名:LunchTime for Windows95
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 伊藤 雅樹 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  ランチャー  常駐  タイマー  タスクトレイ 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. CLaunch 軽さと使い易さを追求したボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. Kick in 2000 Windows10にも対応した超スピーディーなランチャー(ユーザー評価:4.5)
  3. Orchis ポップアップメニュー型ランチャ/ファイラ(ユーザー評価:4)
  4. ぷちらんちゃ 「シンプルさ」と「見た目」を重視した使いやすいボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  5. Special Launch シンプルで自由度の高いランチャー プラグインで機能拡張もできる(ユーザー評価:4.5)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Wizmo 1.1 - シャットダウンやスクリーンセーバなどをショートカットで実行・起動できるユーティリティ
  • Kick in 2000 5.23 - タスク管理も行える“超スピーディー”な高機能ランチャ
  • Orchis 3.01 - 複数のメニューを使い分けられる高機能メニュー型ランチャ&ファイラ
  • PicoPad for Windows 7.50 - コマンド入力で快適にアイテムを開ける超小型デスクトップアクセサリ
  • ShellExecuter 3.7 - タスク制御も可能な多機能コマンドラインランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック