WinUpdate

汎用の差分によるバージョンアッププログラム


ソフト詳細説明

フリーウェアーやシェアウェアーもしくは市販のソフトウェアーを開発すると、必ずバージョンアップが発生します。オンラインによるバージョンアップを対応するには、バージョンアッププログラムが必要になりますが、なかなか作のも面倒です。そこで、用意したのが、汎用の差分によるバージョンアッププログラムです。このプログラムには

1. MS風のウィザード形式で簡単にアップデートが可能
2. オリジナルディスクから最新バージョンのイメージを作成
3. 差分更新プログラムはDOS(WSP.COM)を使用
4. 最新イメージをFDDおよびHDDに保存可能
5. 複数枚に分割されているディスクでもファイルの更新が可能

の機能があります。一般的なバージョンアップには十分対応出来るものだと思います。是非お使いください。

利用条件・試用期間中の制限など

試用期間30日。機能制限無し

動作環境

WinUpdateの対応動作環境
ソフト名:WinUpdate
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:シェアウェア :3,150円
作者: 坂巻 正巳 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

差分 


「差分作成・更新」カテゴリーの人気ランキング

  1. eXeScope EXE/DLLファイルを解析, カスタマイズする(ユーザー評価:4.5)
  2. WDiff ロングファイル名対応 バイナリ差分作成ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. Resource Explorer exe内のリソースを外部に書き出すためのツール(ユーザー評価:0)
  4. OTL パッチ適用ツール(ユーザー評価:0)
  5. WDiffEditor WDiffに特化した補助的なエディタ 差分ファイルの順番の入れ替えやコメントの編集などができる(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック