mdm for Win32

マルチ・デスクトップ・マネージャ


ソフト詳細説明

マルチ・デスクトップ・マネージャ(mdm)は仮想デスクトップを管理するソフトです。といっても、巨大なデスクトップではなく、最大12ページのデスクトップを管理します。主に、以下のような特徴があります。

(1)mdm のボタン上には、各ページのアプリケーションのキャプションまたはアイコンが表示できます。アイコンの場合は、実際のウインドウサイズに比例した大きさで表示させることも可能です。
(2)各ページで壁紙を切り替えることができます。
(3)ページが変わっても常に表示するアプリケーションを指定できます。
(4)別ページへの起動が可能なランチャーが付いています。
(5)mdm上にファイルをドロップして、表示されていないページにプログラムを起動できます。
(6)ページ間のアプリケーションの移動がドラッグ&ドロップで行えます。
(7)mdm立ち下げ時の各ページのアプリを、次回mdm立ち上げ時に復元します。

Ver.3.32からの変更点。以下の変更を行った。
(1)フリーウェアにした。
(2)WindowsNT4.0に対応した。
(3)ランチャーで起動ウインドウの位置とサイズを設定できる様にした。
(4)Ver.3.32で、「タスクトレイにアイコンを表示する」場合にmdmウインドウの表示がタスクトレイ上から消える様にしたが、タスクトレイの表示で不具合が発生する
為、元にもどした。
(5)呼び出しボタンをタスクトレイに表示する事ができる様にした。(操作設定)
(6)2重起動のチェックを入れた。
(7)別ページへのプログラム起動時に、同時にページ移動を行うオプションを付けた。(動作設定)
(8)mdm立ち上げ時のデスクトップ復元時に確認を行わないオプションを付けた。(動作設定)
(9)最大化したウインドウがあるページに移動した時に、最大化しているはずのウインドウが通常状態で表示されるバグの修正。
(10)ランチャーで他のページへの起動時に起動先指定メニューが勝手に消えてしまうバグの修正。
(11)CHKWIN16で一般保護違反が出てしまうバグの修正。
(12)シャットダウンキーの設定が保存されないバグの修正。

動作環境

mdm for Win32の対応動作環境
ソフト名:mdm for Win32
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 森山 好文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスクトップ  マネージャ 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. Pageicon Windowsの仮想画面を作り、目的別に画面を分けて作業を行うことができる(ユーザー評価:3.5)
  2. CabFixer 開いているフォルダーや開くフォルダーの表示やサイズを統一(ユーザー評価:3)
  3. Pittoresque table デスクトップのアイコン名を透過・色変更・デスクトップ自体のスタイル変更を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. Tray Tools 2000 タスクトレイ上に任意のショートカットを登録し、すばやく起動できるタスクトレイ拡張ソフト(ユーザー評価:0)
  5. RiseUp(ライズアップ) 特定ソフトの沢山のウィンドウから素早く選んで浮かび上がらせるツールで、IMEの状態を色でお知らせ(ユーザー評価:2.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • ウィンドウ位置記憶プログラム 2.17 - 簡単な操作でウィンドウの位置・サイズを記憶し、ワンクリックで再現できる
  • DesktopOK 4.27 - デスクトップアイコンのレイアウトを簡単な操作で保存・復元。複数のレイアウトを切り替えられる
  • Tray Tools 2000 2.7 - 登録したプログラムやファイルをタスクトレイからすばやく呼び出せる
  • Taskbar Shuffle 2.5 - タスクボタンやタスクトレイアイコンを自由に並べ替えられるソフト
  • VirtuaWin 4.3 - 複数の作業環境をスムーズに切り替えながら利用できる、カスタマイズ性の高い仮想デスクトップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック