ExtRun ファイル名連動起動プログラム

ファイル名毎に、起動するプログラムを選べるランチャー


ソフト詳細説明

・ ファイル名によって起動するアプリケーションが決まっているとき、その設定を記述しておくことによって、ファイル名毎に異なるプログラムを起動する事ができます. Explorerではファイルタイプ(拡張子)によって起動プログラムを決めていますが、ExtRunはファイル名全体で判定し、実行プログラムを特定できます.

・ ドラッグ&ドロップに対応していませんが、デスクトップ上にショートカットを作成しておけば、エクスプローラーからのドラッグ&ドロップで起動できます. ですから使わない時はシステムリソースを一切消費しません.

※使い方の例
o Explorerのファイルタイプに指定し、細かい起動制御をしたい
o ホストが異なる通信ログ毎に、異なるログビュアを起動したい
o W*.docはMS-Wordで、それ以外は使い慣れたエディタで起動したい
o 一時的に別の関連付けを使って実行したい
o 複数の関連付け実行を使い分けたい
設定ファイルを指定したショートカットをデスクトップに作成して、使い分ける等.

動作環境

ExtRun ファイル名連動起動プログラムの対応動作環境
ソフト名:ExtRun ファイル名連動起動プログラム
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Tsukasa Jitoh 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  ランチャー 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. CLaunch 軽さと使い易さを追求したボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. Kick in 2000 Windows10にも対応した超スピーディーなランチャー(ユーザー評価:4.5)
  3. Orchis ポップアップメニュー型ランチャ/ファイラ(ユーザー評価:4)
  4. ぷちらんちゃ 「シンプルさ」と「見た目」を重視した使いやすいボタン型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  5. Special Launch シンプルで自由度の高いランチャー プラグインで機能拡張もできる(ユーザー評価:4.5)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Wizmo 1.1 - シャットダウンやスクリーンセーバなどをショートカットで実行・起動できるユーティリティ
  • Kick in 2000 5.23 - タスク管理も行える“超スピーディー”な高機能ランチャ
  • Orchis 3.01 - 複数のメニューを使い分けられる高機能メニュー型ランチャ&ファイラ
  • PicoPad for Windows 7.50 - コマンド入力で快適にアイテムを開ける超小型デスクトップアクセサリ
  • ShellExecuter 3.7 - タスク制御も可能な多機能コマンドラインランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック