ipmpack

基本的な2D画像処理を高速で行うHSP3用モジュール


ソフト詳細説明

HSP3で基本的な画像処理を行い、画面に多彩な効果を加えるフルカラーモード専用のモジュールです。
標準命令のみで作られているのでプラグインは必要ありませんが、マシン語を利用しているので高速に動作します。
アクションゲームなどの動的な操作にはあまり向いていませんが、ビジュアルノベルなど静的なゲームや画像編集ソフトには、とても使えるモジュールだと思います。
このモジュールは、商用・非商用に関わらず自由に組み込むことができ、利用の明記も強制しません。モジュールを使用したソースをWeb上で公開するなども制限を設けていません。

以下の処理が行えます
・FIRフィルタ(スムージング・シャープ・エンボスなど)
・RGBテーブル変換(コントラスト調整・ガンマ調整・ネガポジ変換・ポスタリゼーションなど)
・HSV変換/HLS変換(色相調整・明度調整・彩度調整など)
・グレースケール変換(グレースケール処理・二値化処理・セピアなど)
・RGBマトリックス変換(各色成分の抽出など)
・加算/減算/乗算/除算処理
・半透明合成/アルファチャンネル利用の半透明合成
・色数計算/ヒストグラム作成
・メディアンフィルタ処理(最小値フィルタ・最大値フィルタも可能)
・メディアンカット(256色まで)
・減色(単純減色・誤差拡散法・組織的ディザ法)
・kuwaharaフィルタ
・ピクセル移動処理
・細線化処理
・選択的局所平均化(エッジ保持フィルタ)
・アフィン変換(画像の回転・拡大など)

動作環境

ipmpackの対応動作環境
ソフト名:ipmpack
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: なたで 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

モジュール  HSP  2D 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  2. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  3. DTMC2.DLL HSPからマウスをクリックさせることができる拡張プラグインDLL(ユーザー評価:0)
  4. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  5. ANTARES' HSP拡張プラグイン基本セット 文字列処理とさまざまな検索が強力なHSP拡張プラグイン(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック