hspif

HSPでif〜elseif〜else等を使えるようにするモジュール


ソフト詳細説明

HSPでif〜elseif〜else、unless〜elseul〜else、not等を使えるようにする為のマクロです。
以下のような記述が可能になります。

a = 2

if a == 0 {
print "aは0です"
} elseif a == 1 {
print "aは1です"
} else {
print "aはその他です"
}

_if a == 0
print "aは0です"
_elseif a == 1
print "aは1です"
_else
print "aはその他です"
_endif

_unless a == 0
print "aは0ではありません"
_elseul a == 2
print "aは2ではありません"
_else
print "aはその他です"
_endul

_if _not (a >= 0 && a <= 1)
print "aは0以上1以下ではありません"
_endif

動作環境

hspifの対応動作環境
ソフト名:hspif
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: pante 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

モジュール  if  HSP  else 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  2. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  3. HSPThread.dll HSP3.x を hsp3imp.dll を利用してマルチスレッド化するラッパーDLL(ユーザー評価:0)
  4. hspdsc.dll 『HSP3.x』や『なでしこ』でWebカメラなどのDirectShowベースのキャプチャデバイスを取扱う為のプラグイン(ユーザー評価:0)
  5. アイコン即変乾 HSP実行ファイルのアイコンを簡単に変更(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック