DrawBevel

HSPで簡単にベベルを描くモジュール


ソフト詳細説明

Windowsプログラムでよく見かけるベベルをHSP上で楽に描くモジュールです。ベベルとは、あるまとまった要素を区切ったりグループ分けしたりして、インターフェイスをすっきりさせるための線や凹凸の絵です。

VBやDelphiなどの開発環境にはオブジェクトとして用意されていますが、HSPではLINE命令などを使って描かなければならないので、命令一つで手軽に描けるようにしました。

二つの命令が定義されていて、矩形4種類、線形4種のベベルが描けます。

動作環境

DrawBevelの対応動作環境
ソフト名:DrawBevel
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: NkL 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

モジュール  HSP  ベベル 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  2. AXCoder HSPにハッシュや暗号化、符号化などを行う機能を追加するプラグイン(ユーザー評価:0)
  3. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  4. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  5. LongInt HSP3用多倍長整数型プラグインとRSA暗号モジュール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック