HSP COMMANDLINE COMPILER

リソースのコンパイルもできるHSPコマンドラインコンパイラ


ソフト詳細説明

『 HSP COMMANDLINE COMPILER (HCC)』は、HSP (Hot Soup Processor) のコンパイル作業をコンソールプロンプト上のコマンドラインで行う補助ツールです。
HSPCMP.DLLで提供されるHSPコンパイラの全機能をコマンドラインパラメータで指定できるほか、HCCに搭載したリソースコンパイラエンジンにより、アイコンやバージョン情報、HTMLリソースなどを実行ファイルに埋め込んだり、Windows XP のビジュアルスタイルを定義して、自在にカスタマイズした実行ファイルを作成できます。

バッチファイルを活用すれば、ターゲットごとにコンパイル条件を設定したり、アイコンなどのリソースもまとめて管理することができます。

動作環境

HSP COMMANDLINE COMPILERの対応動作環境
ソフト名:HSP COMMANDLINE COMPILER
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: FORCE 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンドライン  コンパイル  コンパイラ  HSP 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  2. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  3. LongInt HSP3用多倍長整数型プラグインとRSA暗号モジュール(ユーザー評価:0)
  4. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  5. HSP3用 コマンドラインコンパイラ HSP3用のコマンドラインコンパイラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック