Hotspot Editer日本語化パッチ

VC++等の開発環境に付属しているHotspot Editerを日本語化


ソフト詳細説明

VC++等の開発環境に付属しているHotspot Editerを日本語化するためのパッチファイルです。
更に幾つかの表示上の不具合の修正とキーボードアクセラレータを日本での環境に合わせ、使いやすいように変更しています。

Hotspot EditerとはWinHelpファイルを作成する際に使われる画像形式のSHGファイルを作成する為のMicrosoftが作成したソフトです。
Hotspot EditerはMicrosoftのftpからも入手可能です。
ftp://ftp.microsoft.com/Softlib/mslfiles/shed.exe

対応しているバージョンはVer3.50.820です。
# しかし、Hotspot Editerは1992年よりバージョンアップされていません。
# これ以外のバージョンを見つける方が至難の業かと。:−)

動作環境

Hotspot Editer日本語化パッチの対応動作環境
ソフト名:Hotspot Editer日本語化パッチ
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 秋田 稔 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発環境  日本語化  VC++  Hotspot  Editer 


「WindowsHelp用」カテゴリーの人気ランキング

  1. doc2htmlhelp WordドキュメントからHTML Help形式のヘルプを生成(ユーザー評価:0)
  2. ヘルプましん 〜 HTML Help Designer 〜 HTML Help 作成支援ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. EasyHelp32Maker 簡単にヘルプ風のファイルを作成・表示できるツール(ユーザー評価:0)
  4. Hotspot Editer日本語化パッチ VC++等の開発環境に付属しているHotspot Editerを日本語化(ユーザー評価:0)
  5. シンプルウィザード はい、いいえで分岐するダイアログを自由に作成できる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック