起立性低血圧の原理(0.3V)の看護数式

起立性低血圧の原理による起立性低血圧の有無を判定する


ソフト詳細説明

臥床状態から立位になるときは調圧反射が働きます。これは血液のホメオスターシスが保たれいるからです。しかし、長期臥床や循環血液量の減少、低色素性の貧血、電解質異常、降圧剤・向精神薬などの服用により調節がうまくいかず、起立性の低血圧を起こします。今回の看護数式によって頭部の血圧を推測することにより、起立性低血圧の有無が予測できます。
(1)起立失調症状に関する研究は、その昔、ドイツでFritzSchellong (1891〜1953)らによって盛んにされていたようで、今でも診療現場で使 われるSchellong テスト(シェロング起立試験)として残っています。
(2):1980年代に非侵襲的連続血圧測定装置(フィナプレス)が開発されました。この装置は、心臓が一心拍するごとの血圧と脈拍が測定できるのです。これまでは動脈の中に注射針を挿入しなければ、一心拍ごとの血圧はわからなかったのですが、この「フィナプレス」という血圧計なら、指に通常のカフを巻くだけで全く痛みもなく測定できるのです。これを指に付けて日常生活の動作、つまり、寝たり、座ったり、立ったり、歩いたりする時の血圧を測ってみると、血圧や心拍が激しく変動していることが発見されたのです。これまでにまったく想像もできなかった事実がわかったのでした。血圧の激しい動きが、痛みもなくて直接目で観察できるようになったことから、1990年代には世界中の研究者がこれを競って使い始めました。その後の10年間に、非侵襲的連続血圧測定装置を使った研究報告は500以上にのぼります。(今はフィナプレスに代わって、フィノメータという機種があります)今回の看護数式には臥床状態の血圧、血液の密度、加速度の数式を含むものですが、起立性低血圧の有無を知るためには有用な数式です。

動作環境

起立性低血圧の原理(0.3V)の看護数式の対応動作環境
ソフト名:起立性低血圧の原理(0.3V)の看護数式
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

血圧  有無  起立  判定  原理 


「健康」カテゴリーの人気ランキング

  1. EyeProtectorPro パソコン作業による疲労を防ぐ健康管理ソフト(ユーザー評価:0)
  2. 脳内活性プロジェクト 今度のテーマは脳の健康!脳刺激系プチゲームで遊ぶ脳機能活性化支援ソフト(ユーザー評価:0)
  3. モチベーションダイアリー 簡単入力楽しい表示で継続心をくすぐる、三日坊主サヨナラ支援日記ソフト(ユーザー評価:3.5)
  4. 健康管理帳 パソコンに1日2回の朝夕の血圧および体重を入力し自動的にグラフを作成する(ユーザー評価:0)
  5. 健康管理 for ACCESS 人間ドック等の健康データの管理ソフト(ユーザー評価:0)

「健康」カテゴリのソフトレビュー

  • EyeProtectorPro 3.0.2.6 - 頭痛や肩こり、眼精疲労などを防ぐ、ITワーカーのためのヘルスケアリマインダ
  • ダイエット番頭 1.02 - 複数人のデータも管理できる、ネットワーク共有対応の高機能ダイエット支援ソフト
  • メタボ式 1.03 - 現在のステータスや減少した体重を動物や物にたとえて、達成度を実感させてくれる“ダイエット応援ソフト”
  • バッチョキン☆ダイエット 1.1 - 体重の増分に応じた「罰金」を支払うという、ユニークなシステムのダイエット支援ソフト
  • 脳内活性プロジェクト 2.1 - 脳を刺激してくれる7本のミニゲームが入った“脳機能活性化支援ソフト”

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック