血圧決定要因の看護数式

血圧を決定する要因の学習と収縮期血圧の計算


ソフト詳細説明

いずれのご家庭にも普段の健康管理測定器として血圧計が用意されていますが、血圧の変化は心臓の収縮期と拡張期による値の変化があります。血圧が年齢の小さいほど低いのは、血管が弾力に富み抵抗が少ないためです。今回は血圧値の範囲を決める看護数式を学習いたします。動脈の内圧(側圧ともいいます:血管内から組織に向かって作用する力)を血圧といいます。心臓から拍出される血液の圧力のことをいいます。血圧は、(1)心臓からの送血量(2)末梢血管(細動脈)の抵抗(3)動脈血管系の血液量(4)血液の粘性(5)動脈壁の弾性などにより決まります。しかし、血圧の値に最も影響するのは、(2)の末梢血管(細動脈)の抵抗です。(平均動脈圧−右房圧)÷心拍出量(l/分)=正常な安静時の末梢血管抵抗から脈拍回数からの心拍出量が判れば、心拍出量(l/分)X末梢血管抵抗=収縮期血圧(mmHg)が求められます。血圧の基準値は140/90mmHg未満とWHOにより細かく分類されています。WHO/ISHによる分類は、至適血圧120未満かつ80未満、正常血圧130未満かつ85未満、正常高値血圧130〜139または85〜89、軽症高血圧(Grade I)140〜159または90〜99、中等症高血圧(Grade II)160〜179または100、重症高血圧(Grade III)180以上または110以上、収縮期高血圧140以上かつ90未満、低血圧は収縮期血圧100以下mmHgとなっています。ご家庭または医療機関で血圧を測定するのは組織破壊の範囲を事前察知するための有効な医療ツールの活用にあります。つまり動脈硬化による血管の弾性の程度を知ることにあります。今回の看護数式は、HTMLではVBScriptをプログラミィングしています。および日本語プログラミィングではTTSneoを使っています。

動作環境

血圧決定要因の看護数式の対応動作環境
ソフト名:血圧決定要因の看護数式
動作OS:Windows Vista/XP/Me/2000/NT/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

学習  血圧  収縮  要因 


「健康」カテゴリーの人気ランキング

  1. EyeProtectorPro パソコン作業による疲労を防ぐ健康管理ソフト(ユーザー評価:0)
  2. 脳内活性プロジェクト 今度のテーマは脳の健康!脳刺激系プチゲームで遊ぶ脳機能活性化支援ソフト(ユーザー評価:0)
  3. モチベーションダイアリー 簡単入力楽しい表示で継続心をくすぐる、三日坊主サヨナラ支援日記ソフト(ユーザー評価:3.5)
  4. 健康管理帳 パソコンに1日2回の朝夕の血圧および体重を入力し自動的にグラフを作成する(ユーザー評価:0)
  5. エクセルで体重管理 体重変化をグラフで確認しながら体重管理する(ユーザー評価:0)

「健康」カテゴリのソフトレビュー

  • EyeProtectorPro 3.0.2.6 - 頭痛や肩こり、眼精疲労などを防ぐ、ITワーカーのためのヘルスケアリマインダ
  • ダイエット番頭 1.02 - 複数人のデータも管理できる、ネットワーク共有対応の高機能ダイエット支援ソフト
  • メタボ式 1.03 - 現在のステータスや減少した体重を動物や物にたとえて、達成度を実感させてくれる“ダイエット応援ソフト”
  • バッチョキン☆ダイエット 1.1 - 体重の増分に応じた「罰金」を支払うという、ユニークなシステムのダイエット支援ソフト
  • 脳内活性プロジェクト 2.1 - 脳を刺激してくれる7本のミニゲームが入った“脳機能活性化支援ソフト”

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック