MapHelper

GPS時代のお助けソフト 緯度経度から地図サービスへ一発ジャンプ Excelランドマーク可能


ソフト詳細説明

入力した緯度・経度(位置情報)を、Web地図サービスに引き継ぐツールです。特徴は、以下の通りです。

1)各社が無料で提供している無料の地図サービスが初期設定されており、位置入力から一発で地図サービスに接続できます。

2)よく参照する地点を「ランドマーク」としてExcelファイルに保存できます。地図サービスを変えてもランドマークは使い続けることができます。

3)ランドマークファイルは単なるExcelファイルですので、別のパソコンにコピーしたり、メールに添付したり、仲間と交換して 互いに成長させることができます。

4)同一位置情報を複数の地図サービスに引き渡せますので、各社の特色のある地図を比較して、より多くの情報を得ることができます。

5)入力する経度と緯度は、日本測地系とWGS84の両方に対応しています。地図サービスによって、座標系が変わっていてもMapHelperが自動変換してくれます。

6)既にお持ちの緯度・経度情報は、例えば、国土地理院のCDデータなどは、簡単なルールに従ってExcelに流し込めば、ランドマークファイルとして使えます。

動作環境

MapHelperの対応動作環境
ソフト名:MapHelper
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: RUMA 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

地図  サービス  マーク  ジャンプ  GPS  助け  ランド  緯度  経度  Excel 


「GPS」カテゴリーの人気ランキング

  1. Garmin POI Map Garmin英語版GPS用の日本全国地点地図(ユーザー評価:0)
  2. GPS-NMEAデータモニタ NmMonitor GPSレシーバ用地図表示ソフト(ユーザー評価:0)
  3. TRLデータ間引きツール GPSロガーのTRLファイルをデータを間引いたり纏めて変換する(ユーザー評価:0)
  4. MayoPointEditor2 迷WANやXROADなどのポータブルナビの登録地点ファイルを編集&地図サイトとの連携(ユーザー評価:4.5)
  5. MapHelper GPS時代のお助けソフト 緯度経度から地図サービスへ一発ジャンプ Excelランドマーク可能(ユーザー評価:0)

「交通・旅行」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック