通信APIテスター for Serial device monitor

通信APIをボタン操作で呼び出す


ソフト詳細説明

■通信APIテスター for Serial device monitorとは

1)プラットホームSDKにコミュニケーション関数として定義されている全APIをボタン操作により、個々に呼び出す事ができます。
2)デバイス制御ブロック(DCB)の全パラメーターを個々に設定する事ができます。
3)Serial device monitorと組み合わせて使用することにより、API呼び出しによりデバイスドライバーに発生するIRPを観察することができます。
4)Serial device monitorのモニター内容と通信APIの対応を把握していただく事を主な目的としたプログラムです。Serial device monitorをお持ちでなくても、通信APIの学習や、ちょっとしたテスト等に役立つかもしれません。

※通信APIテスターなどと、おおげさな名前を付けていますが、単に通信APIをボタン操作により呼び出すだけのプログラムです。

動作環境

通信APIテスター for Serial device monitorの対応動作環境
ソフト名:通信APIテスター for Serial device monitor
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Kurihara 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  API 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. シリアル通信テスタ Serister RS232C 機器からの受信データを様々な形式で表示し、データや制御コードの送信が可能(ユーザー評価:0)
  2. シリアル通信解析ツール ComT RS232C受信データ解析、COMポートの診断が可能 ラインモニタ機能搭載(ユーザー評価:4.5)
  3. Rs232c 定番のRS232Cの通信ソフト(ハイパーターミナルの代替)(ユーザー評価:3)
  4. 232エクセルロガー RS232C機器からの通信データをエクセルに取り込むロガーソフト(ユーザー評価:0)
  5. DataDisplay RS232経由で取得したデータのグラフィカル表示を行う(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック