DAEXキャンペーン

マレー電撃戦からビ◯ラディン殺害作戦まで! 史実を再現した戦場を気軽に楽しめる、短編ミリタリーRPG!


ソフト詳細説明

◆特徴
実在の陸戦兵器が約50種類登場。
兵器スペックは史実を正確に再現。
ゲーム性を重視しつつも、資料を元に再現された7つの戦場。
RPGをベースに、アクションやSLG的な要素も併せ持つ独特なシステム。
プレイ時間はサクッと2〜4時間ほど。気軽に楽しめる。
ハイスコアを目指せ!やり込みプレイにも対応。
ダンジョン・アーミーから兵器を取り込んで自由に使える。

◆収録した戦場一覧
・ネプチューンスピア作戦(2011年5月2日)
・涙の谷(1973年10月6〜9日)
・バドール作戦(1973年10月6〜8日)
・ディエンビエンフーの戦い(1954年3月〜5月)
・ラッテンクリーク(1942年9〜10月)
・マレー電撃戦(1942年1月7〜8日)
・ハルファヤ峠の戦い(1941年6月15日)

◆ここがこだわり!
・戦場の再現
戦場の形は適当にそれっぽく作ったわけではありません。
例えばネプチューンスピア作戦(ビ◯ラディン殺害作戦)の場合、建物の配置はアメリカ国防総省が公開している資料を元に再現しています。
またヘリが着陸した場所、及び不時着した場所、実際に戦闘が起きた区域、さらにはその時敵が銃を持っていたか素手だったかなども史実を元にしています。


・兵器スペックの再現
イギリスの第二次世界大戦中に、マチルダ2という戦車があります。
この戦車は装甲が厚かったのですが、徹甲弾しか撃てないという問題がありました。
リアルさが売りの海外製SLGでもマチルダ2が榴弾を撃てたりしますが、DAEXキャンペーンでは、もちろん榴弾は撃てません。
さらに主砲貫通力、前面装甲厚、側面装甲厚、15秒あたりの射撃回数、命中率、回避能力、偵察能力、車高による見つかりやすさ、故障のしやすさなども再現しています。
このような感じで、多くの兵器のスペックを正確に再現しています。

※2016年にフリーウェア化しました。

動作環境

DAEXキャンペーンの対応動作環境
ソフト名:DAEXキャンペーン
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 武藤FP 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

短編  作戦  戦場  電撃  ミリタリー  史実  RPG  殺害  マレー  ラディン 


「RPG」カテゴリーの人気ランキング

  1. Violent Witches 魔女狩りがテーマの断片的なストーリーを追うRPG RPGツクール2003製(ユーザー評価:4)
  2. 光の女神戦2 -鬼喰いの少年・前編- 鬼喰いと呼ばれる少年が主人公のファンタジーRPG(ユーザー評価:0)
  3. PIERROT+ 少し不気味なサーカス館を舞台にしたストーリー重視RPG(ユーザー評価:4.5)
  4. 光の女神戦 -魔竜の召喚- 女の子が主人公の本格ファンタジーRPG(ユーザー評価:0)
  5. 天魔降臨-神々の反乱- RPG初心者にもオススメ! 古代日本が舞台のシンプルなロールプレイングゲーム(ユーザー評価:3.5)

「RPG」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック