熱気球で遊ぼう!

熱気球競技のシミュレーション


ソフト詳細説明

熱気球の飛行原理はアルキメデスの原理による浮力と気球の重力および大気の動き(風向きと風速)だけです。
これらはすべて物理法則により決定されます。
平均海面の温度、出発地点の標高、球皮内の温度、球皮内の体積、気球機器の重量の5項目を変数として与えます。
気球が離陸したら球皮内温度を調整し大気の動きの利用により目標に接近します。
気球近傍に達したら気球の高度を考慮して目標に向けてマーカーを放出します。
放出されたマーカーは重力と放出速度による等加速度・等速度運動に従い落下します。
落下したマーカーと目標間の距離により得点が与えられます。
制限時間は1時間(3600秒)です。また、離陸後に地表に着地(落下)した場合は終了となります。
表示される画面は、変数設定、全体眺望、風向きと風速、目標とマーカー放出の4画面構成です。

動作環境

熱気球で遊ぼう!の対応動作環境
ソフト名:熱気球で遊ぼう!
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: あすなろ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレーション  競技  気球 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 地震検索システム EQLIST 日本周辺で発生した約3万個の地震データを検索し、震源情報とともに震源位置を地図上に表示(ユーザー評価:3.5)
  2. 3次元ロータリーエンジン 3次元でロータリーエンジンの動きが見える(ユーザー評価:0)
  3. FFTexc 高速フーリエ変換による周波数解析の簡易ソフト(ユーザー評価:0)
  4. カルノー図プログラム カルノー図を教えてくれるプログラム(ユーザー評価:0)
  5. らくらくロジック デジタル回路の論理動作をシミュレートする簡易シミュレータ(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック