Contour

数値解析データの簡易可視化ソフト オープンソース


ソフト詳細説明

Contourは数値解析結果の簡易可視化用ソフトです。数値解析結果に限らず実験等のデータの可視化にも使用が可能です。2次元及び3次元のデータに対応していますが、今のところ立体的な表示はできません。

市販のアプリケーションに比較すると機能は劣りますが、オープンソースなので自分での改造が可能というメリットがあります。また、余分な機能を削り自分に必要な機能のみ実装できるのでアプリケーションが軽くなります。

現在の主な機能は以下の通りです
・等高線
・面塗り
・ベクトル表示
・任意の格子線に沿ったグラフの表示
・時系列データの読み込み
・ゾーナルデータの読み込み
・ビットマップ画像の書き出し
・ポストスクリプト画像の書き出し(等高線とベクトル図のみ)
・ビッグエンディアン、スモールエンディアンへの対応

また、データフォーマットはPlot3D形式を採用していますが、データ構造とデータの読み込み部を変更すれば任意のデータフォーマットの利用が可能です。

ソースコードは作者のホームページからダウンロードできます。また、コードの解説や簡単な改造の方法なども説明しています。

動作環境

Contourの対応動作環境
ソフト名:Contour
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 青塚 瑞穂 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

数値  オープンソース  解析  可視 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 化学っ娘ノエリ SSP同封版 日常に溢れた化学を面白おかしく解説してくれる(ユーザー評価:3)
  2. シム フィールド2 生物界のつりあいのシミュレーション(ユーザー評価:0)
  3. 2足歩行シミュレータ 2足歩行ロボット&恐竜の歩行シミュレーション(ユーザー評価:0)
  4. 分子郎 高性能で多機能な分子量計算ソフト 理系研究者の方なら一見の価値あり(ユーザー評価:0)
  5. 食物連鎖シミュレーション『rensa.exe』 理科2分野の『食物連鎖』『生物界の数量関係』シミュレーション(ユーザー評価:3.5)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック