WSCalc

ウィナースペクトルを計算してグラフまで描いてくれる


ソフト詳細説明

フィルムスクリーン系やディジタル撮像系の雑音特性の指標であるウィナースペクトルを計算して作図してくれます。今回の更新では平滑化スプラインを最大周波数(ナイキスト周波数)までのデータに対して適用できるように変更しました。さらに対数変換を使って平滑化の行いにくいWS曲線の平滑化をうまく行えるように(LOG_平滑化スプライン)をメニューに追加しました。
またファイルの読込のところで、マルチ選択ができるようにしました。

動作環境

WSCalcの対応動作環境
ソフト名:WSCalc
動作OS:Windows Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 小川 亙 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

グラフ  ウィナースペクトル 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 化学っ娘ノエリ SSP同封版 日常に溢れた化学を面白おかしく解説してくれる(ユーザー評価:3)
  2. シム フィールド2 生物界のつりあいのシミュレーション(ユーザー評価:0)
  3. 2足歩行シミュレータ 2足歩行ロボット&恐竜の歩行シミュレーション(ユーザー評価:0)
  4. 分子郎 高性能で多機能な分子量計算ソフト 理系研究者の方なら一見の価値あり(ユーザー評価:0)
  5. オシロくん for Windows 中学校理科「音」の授業で使える音声波形表示ソフト(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック