ブロックいくつ?

幼児用立体知覚教育用ソフト


ソフト詳細説明

・問題はコンピュータによる自動作成と、出題者による手動作成の2種類に対応。

・学習はコンピュータによる自動作成問題モード、出題者による手動作成問題モード、間違った問題の復習モードの3種類が選択可能。

・問題の立体図は、反時計周りに90度ずつ回転可能。

・問題の解答表示時、ブロックをひとつずつ数え上げながら崩していくことが可能。

・以下の5点は登録した利用者毎に設定可能。
1.立体図の正面からだけではブロックの数を判定できない問題の時、出題しない、回転を促すメッセージを表示して出題、の3通りから選択。
2.解答へのヒントとして、以下の機能を使用。
a)特定の位置のブロックに任意の色を付ける。
b)平面図を表示する。
c)各段のブロックの配置を表示する。
3.解答表示時、ブロックをひとつずつ数え上げながら崩していく時、ブロックの数を読み上げる。(別添の読み上げファイルが必要。)
4.解答入力の際、マウスより数字を入力できる簡易テンキーを使用。
5.BGMにMIDI、WAVファイルを使用でき、好みのファイルを選択。

・学習意欲を高めるために、コンピュータによる自動作成問題に正解すると、マジックブロックを獲得出来るようにし、ブロックで遊ぶことが可能。
(ブロック遊びで作った作品は、保存、読み込みが可能。)

・コンピュータによる自動作成問題での誤答は、復習問題として保存されるので、正解するまで何回でも間違った問題の復習モードとして実行することが可能。

動作環境

ブロックいくつ?の対応動作環境
ソフト名:ブロックいくつ?
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:メールウェア
作者: (株)サンマーク情報システム 福岡営業所 井上 敏彦 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

幼児  教育  立体  知覚 


「算数・数学」カテゴリーの人気ランキング

  1. FunctionView 平面・空間の多様なグラフが表示可能、自動実行のマクロ機能,数式からwaveデータを作る機能も搭載(ユーザー評価:4.5)
  2. 数独・くれぷり印刷/テキスト印刷KGAMP 「数独」や「くれぷり」が作れて遊べるテキスト印刷ソフト(ユーザー評価:0)
  3. Math'98 for Windows 幾何学的操作と座標平面上の操作を融合した新しい思考ツール(ユーザー評価:3.5)
  4. Soroban コンピュータ制御のデスクトップそろばん(ユーザー評価:3.5)
  5. グラフマスター 中学校で習う関数について、グラフを利用して理解させようとするプログラム(ユーザー評価:0)

「算数・数学」カテゴリのソフトレビュー

  • Soroban 2.0.0.0 - 計算に合わせて珠が動く、見ていても楽しい“デスクトップそろばん”
  • KGAMP 1.96c - 計算ゲームや数独パズルを作成することも可能なテキスト印刷ソフト
  • FunctionView 5.60c - 多数のデモサンプルが用意され、アニメーション表示も可能な関数グラフ&図形表示ソフト
  • あんざんのれんしゅう 2.7 - 出題速度や問題を出すタイミングをカスタマイズできる暗算学習ソフト
  • Mathematics Analyzer 5.1 - 複雑なグラフ描画や計算を手軽に行える多機能数式処理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック