DXF座標計算モジュール 評価版

DXFから図形線分の座標を解析、周長計算結果をCSV変換するモジュールをソース公開


ソフト詳細説明

Microsoft VB、VB.NET/Microsoft AccessでDXF座標計算ロジックを標準モジュール(またはクラス)として組込めます。VBAなのでExcelでも使用できます。
●評価版は本モジュールをAccess2000に実装しており、任意のDXFをCSV変換することが可能です。フリーでご利用下さい。(ソースは非公開です)
●対象のEntityは2Dの線分Entityのみです。寸法線や見出し、3Dポリゴンなどは非対象です。(線、円、円弧、楕円、曲線、四角形などの平面図形)
●スプライン曲線にも対応しています。
●ブロック図形はネスト無制限で抽出できます。但し、呼出し時の代表名で集計されます。
●変換後のCSVは''なしテキストで各項目はカンマ区切りで生成されます。
[Entity名],[開始座標X],[開始座標Y],[終了座標X],[終了座標Y],[座標間距離]
●DXFのバージョン、図面の有効サイズ、図面の縮尺、実際の周長合計などが、CSV変換と同時に取得できます。
●ソース公開版をご希望の方は、ReadMeに入手方法が記載されています。尚ソース公開版には、解読に必要な解説書をPDFにて提供します。

動作環境

DXF座標計算モジュール 評価版の対応動作環境
ソフト名:DXF座標計算モジュール 評価版
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: ふにゅ次郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  図形  モジュール  座標  線分  解析  CSV  DXF 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. 図面変換ソフト「BmpToDxf」 BMPファイル→DXFファイルに変換 連続直線に変換可能 直線間の点の間引き(補間)も可能(ユーザー評価:3.5)
  2. DWG2DXF ドラッグアンドドロップするだけでDWGからDXFへ(ユーザー評価:3)
  3. JWX JWCファイルをDXFファイルに変換(ユーザー評価:4.5)
  4. VectorToVector ベクトルデータ(DXF,SVG,WMF,EMF)の一括相互変換(ユーザー評価:0)
  5. BMP2LINE 白黒2値 BMPファイルを LINEの DXFファイルに変換する(ユーザー評価:4)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック