UBSHUUKE

作図図形の集計を行うので汎用的な部材集計として利用できる


ソフト詳細説明

AutoCAD2000,2002,2004にて動作するコマンドです。
(AutoLISPで作成し、コンパイルしたものでLTでは動作しません。)
線分(LINE)、円弧(ARC)、円(CIRCLE)、ポリライン(LWPOLYLINE、POLYLINE)を画層単位で長さを集計することができます。また、他のエンティティは図形数を集計します。
ブロック参照図形(INSERT)はブロック名単位で図形数を集計します。
集計結果はCSVファイル形式で出力されるので画層を分け配筋図など作成すると使用鉄筋の長さなどを求めることができます。
部品名のブロック参照図形を使用して部品数の集計ができます。
CSVファイル形式で出力されるのでExcelの機能にて必要に応じ加工が可能となります。
参照 http://www.hptown.com/ucad/Ubshuuke-top.htm

利用条件・試用期間中の制限など

1画層以外は構築線、放射線の図形数の集計のみとなります。

動作環境

UBSHUUKEの対応動作環境
ソフト名:UBSHUUKE
動作OS:Windows 98
機種:汎用
種類:シェアウェア :2,100円
作者: 松浦 多加志 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

集計  図形  作図  部材 


「AutoCAD用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Dwg-Dxf連続変換ソフト RunDxf Drag & Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換(ユーザー評価:2.5)
  2. A-BENRY AutoCADの便利なコマンドマクロを集めたツールバー(ユーザー評価:0)
  3. Hos.CAD 電設シンボル・データ集 電気設備配線図用シンボル・各種初期設定データ集、実践的な操作説明書も提供(国交省営繕要綱準拠)(ユーザー評価:0)
  4. inovolute 平歯車の形状(インボリュート曲線は近似させている)を描くためのAutoCAD用スクリプトを作成させる(ユーザー評価:4.5)
  5. AutoCAD線種データいろいろ 土木設計の平面図をトレースする際に便利ないろいろな線種(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック