HA-Trans

ドラッグ&ドロップでHPGLファイルをAutoCADに取り込む


ソフト詳細説明

HA-Trans はHPGLファイルをAutoCADスクリプトファイルに変換するトランスレータです。
以下のような特長があります。


特長
■使い方は簡単で、ファイルをドラッグするだけでAutoCADに描画させることができます。

■HA-Trans はファイルコンバータではないので、既存のAutoCAD図面に直接図を描画することができます。

■変換後はAutoCADスクリプトファイル(拡張子.scr)として保存することができます。後でこのAutoCADスクリプトファイルをAutoCADの作画ウィンドウにドラッグ&ドロップすれば、AutoCADに描画することができます。

■変換後、自動的にAutoCADを起動して描画させることができます。使うときはファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

■HA-Trans は内部で柔軟にHPGL文法を解析しているので、;(セミコロン)が抜けていたり、改行がなかったりしてもおおかたは変換できます。類似ソフトウェアで変換できなかったときは使ってみてください。

■AutoCADスクリプトを使用しているため、多くのAutoCADのバージョンに対応できると思います。こちらではAutoCAD R14とAutoCAD LT95で動作を確認しております。

ぜひ、HA-Trans をご使用になり、業務の効率化、工程の短縮化にお役立てください。

利用条件・試用期間中の制限など

お試し期間は10日です。お試し期間中の機能制限はありません。10日を過ぎると
起動できなくなります。ユーザー登録をしていただくと、こちらからパスワードを
メール致します。

動作環境

HA-Transの対応動作環境
ソフト名:HA-Trans
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:シェアウェア :4,725円/2本目から3,675円/1本
作者: gnrr 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

HPGL  AutoCAD 


「AutoCAD用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Dwg-Dxf連続変換ソフト RunDxf Drag & Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換(ユーザー評価:2.5)
  2. Extract 図形の情報をボタン一つで抽出し新たに書式コードに対応,寸法,属性値etcをExcelの任意のセルに取り込み可能(ユーザー評価:0)
  3. B-Script 連続ファイル処理スクリプトを作成 DWG←→DXF連続変換など使い方しだい(ユーザー評価:0)
  4. LTらすた AutoCAD LTでラスターデータをレギュラー版と同様に使える LT2008対応(WindowsXPSP2対応)(ユーザー評価:0)
  5. ACOMM AutoCAD 連続処理ツールの決定版が登場!(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック