UEDTLIND

最初に選択された線分に次以降に選択された線分をそろえるコマンド


ソフト詳細説明

AutoCADR12J、13JまたはR14Jの動作環境にて使用可能なAutoLispで作成されたコマンドです。
プロテクトなどかかっていないのでテキストエディタなど使用し改造して使用できます。

機能
最初に選択された線分に次以降に選択された線分をそろえる。
その際トリムを行う側は最後に指定された点の側となる。(計算はZ=0の2次元で行う)

オペレーション
メッセージ 『そろえるための基準になる線分を選択(1線分):』
オペレーション 線分を1本選択する。
メッセージ 『そろえたい線分を選択(複数線分選択可):』
オペレーション トリム、延長をしたい線分を選択する。
メッセージ 『トリムする側を指示:』
オペレーション トリムする側を決定するための点を入力する。

実行する上での注意事項
・選択対象図形
線分。
・処理図形の表示
コマンド実行の際は画面に選択した図形が表示されている状態で行う。
・作図
元図形の座標値のみを変更する。
線分の始点、終点がトリムする側にある場合、その線分は削除される。
・他
そろえるための基準になる線分とそろえたい線分が平行の場合は、『交点が見つかりません。』とメッセージが表示され次のそろえたい線分の処理を行う。
そろえたい線分のなかにそろえるための基準になる線分が含まれてい
ても、自動的に省きメッセージは表示されない。
そろえるための基準になる線分は無限延長線分として処理を行う。

動作環境

UEDTLINDの対応動作環境
ソフト名:UEDTLIND
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 松浦 多加志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  最初  線分 


「AutoCAD用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Dwg-Dxf連続変換ソフト RunDxf Drag & Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換(ユーザー評価:2.5)
  2. Extract 図形の情報をボタン一つで抽出し新たに書式コードに対応,寸法,属性値etcをExcelの任意のセルに取り込み可能(ユーザー評価:0)
  3. denzuq_for_icad IntelliCAD用の電気設備図記号(dwgファイル)(ユーザー評価:0)
  4. LTらすた AutoCAD LTでラスターデータをレギュラー版と同様に使える LT2008対応(WindowsXPSP2対応)(ユーザー評価:0)
  5. Hos.CAD 電設シンボル・データ集 電気設備配線図用シンボル・各種初期設定データ集、実践的な操作説明書も提供(国交省営繕要綱準拠)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック