ACD for win16

(Ab)指定ファイル連続実行プログラム


ソフト詳細説明

◆ACDの用途
指定ファイル連続実行プログラムACDとは、ファイル群に対して、あるファイル(プログラム)を連続して実行するものです。
ファイル群とは、例えば、ユーザーが直接指定する1つ又は複数のファイル、あるディレクトリ内の全ファイル、同じく一部のファイル、及びこれらの組み合わせ等のことを指します。

ファイル群の例)
直接指定する1つのファイル a:\abc.dat
直接指定する複数のファイル a:\abc.dat;c:\def.dat
あるディレクトリ内の全ファイル a:\data\*.*

あるディレクトリ内の一部のファイル a:\data\*.dat;a:\data\cde.txt
複数のディレクトリ内の全ファイル a:\data\*.*;c:\file\*.*
複数のディレクトリ内の一部のファイル a:\dt\*.bmp;c:\sd1\*.mag;a:\a.gif
.
.
.
.
etc.



簡単にいえば、ACDではあるディレクトリ又は、複数にまたがるディレクトリの中にあるファイルの全て、一部について、画像ローダーを起動したり、同じく、データコンバーターを起動したり、ということが可能です。

例をあげると、「C:\BMPDATA」というディレクトリ内の「*.BMP」というファイルの全てについて、BMPローダーを呼び出し、連続してBMPファイルを表示すると言ったことするものです。

また、プログラム、マクロ、スクリプト等を組むこと無く、簡単に実行できますので、こういった事が苦手の方でも手軽に、上記のような画像表示、データコンバート等が可能です。

ACDでは、さらに属性で対象ファイルを絞りこんだりと、さらに複雑なことも可能です。



利用条件・試用期間中の制限など

料金
1単位(本ソフトウェアを使用するコンピューター1台)につき、それぞれ
個人登録(個人が非営利目的で使用する場合) 金1200円
法人登録(個人登録以外のすべて、任意団体等含)金2500円

動作環境

ACD for win16の対応動作環境
ソフト名:ACD for win16
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:シェアウェア
作者: A−βρανδ(A-brand),MGI,MGIlab 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
ACD
価格: 1,430円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Ab 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Batch File Compiler for WinBatchEh WinBatchEh 用にバッチファイルのコンパイルもどきを行う(ユーザー評価:0)
  2. SleepSupporter Windows等のバッチで使えるms(1000分の1秒)から指定可能なSleep(スリープツール)(ユーザー評価:0)
  3. WinBatchEh 16bit版 Windows上で高度なバッチ処理を行なう 16bit版(ユーザー評価:0)
  4. ACD for win16 (Ab)指定ファイル連続実行プログラム(ユーザー評価:0)
  5. BAT開発室 PCにてバッチ処理のソフトウエアの開発をする為の支援ソフト(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック