Equip

Hard/Software Information System checker


ソフト詳細説明

 EquipのWindows版のテストプログラムが完成しましたので、部分的ではありますがサポートを開始します。こちらはWindows版と云うことでシステム構成にかなり悩んだのですが、基本的に’機種依存性を避ける’方向で作成することにしました。また、動作可能機種を限定しないように、プログラム全体をWindowsの標準機能のみで構成するようにしました。将来的には機種依存情報もサポートする予定ですが、現在のところWindows本来の機能や動作状態を調査するように設計しました。

 CPUの実動作クロック計測ですが、Dos版と異なり、機種依存性はありませんので、Windows側が完全動作していれば問題はありません。例えIBM−PCコンパチマシンであろうと、FMーTownsであろうと大丈夫なはずです。

 計算プログラム等の大半をKSHELL.DLL+KSHELLW.DLLのモジュール(再配布可能バージョン)V2.20Aを使用し将来のZG4システムサポートによってライブラリーの公開を予定しています。そのためのテストモジュールの一部です。

動作環境

Equipの対応動作環境
ソフト名:Equip
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 広畑 由紀夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Software  Information  checker  Hard 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. BINAUTO REG.DATファイルの中味の文字列を任意の文字列に変換(ユーザー評価:0)
  2. Emigrant 英語APのダイアログで日本語が化けないように(ユーザー評価:0)
  3. WFW/V “日本語MS Windows V3.1を Workgroups 化する”ための 「Tool & Manual」(ユーザー評価:0)
  4. 小さいWindowsの作り方 Win3.1を限りなく少ないディスク使用量で動作させる(ユーザー評価:0)
  5. INIAUTO 複数のINIファイルの中味の文字列を任意の文字列に変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック