デバック機能付コモンダイアログ

コモンダイアログ用DLLの作成方法を紹介


ソフト詳細説明

Visual Basicを使用してソフトウェアの作成し始めてから、いつも
コモン ダイアログの扱いが気になっていました.

今までは、MS-VCPのコモン ダイアログを使用していましたが、詳細な使用
方法を調べるのはWindows SDKのAPI関数 GetOpenFileNameの項目でした.

いっその事、自作プログラムへCMDIALOG.VBX(ファイルを開く)相当の
機能を組み込む方法を考えようと思い、OFNDLG.DLLを作成しました.

動作環境

デバック機能付コモンダイアログの対応動作環境
ソフト名:デバック機能付コモンダイアログ
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 泉 憲一郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

方法  ダイアログ  紹介  DLL  コモン 


「VBX」カテゴリーの人気ランキング

  1. オーナードローリストボックスVBX リストボックスにBmpを入れるVBX(ユーザー評価:0)
  2. ソケット通信VBX ソケット通信サポートVBX(ユーザー評価:0)
  3. CCTAB.VBX TAB型フレーム カスタムコントロール(ユーザー評価:0)
  4. Slider Control AVI を再生するときに下の方にでるカスタムコントロール(ユーザー評価:0)
  5. Spin Custom Control Button もうひとつのSPINコントロールVBX(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック