MiyaPlay for Win Light

Windows用 RCP/R36/SMFファイルプレイヤー


ソフト詳細説明

MiyaPlay for Windows Light は拙作 PC-9801 MS-DOS 版 MiyaPlay を MS-Windows
3.1 上に移植したものです。

レコンポーザで作成された RCP/R36 FILE および MID/STD/MFF の Standard
MIDI File を演奏する MIDI Player です。

【特徴】
・何らかの MIDI Driver が組み込まれていれば動作可能です。特に S-MPU を
 使用していれば、S-MPU の SEQ MODE を使って演奏させることが可能なので、
 システムにほとんど負荷をかけない安定した演奏が可能です。SEQ MODE を
 使うと、DOS BOX に落ちたり、FDD にアクセスしたりしても、演奏がもたっ
 たり停止したりする事はありません。

・2 Port までの MIDI 出力 Port をコントロール可能です。

・SMF の Port 指定イベントに対応しています。

・SMF に Port 指定イベントがなくても、後述のパターンで、トラックを
 2 Port に振り分けする事ができます。

・拡張子関連付けに対応しています。

・ドラッグ & ドロップに対応しています。

・1曲指定演奏/連続演奏/ランダム演奏が可能です。

・レコンポーザのコントロールファイル(CM6/GSD FILE) 送信に対応していま
 す。

・GS 音源風?のパネルモニタを装備しています。

・BGM に使用する場合、モニタを行わないモードにする事によって動作を軽く
 する事ができます。

・音源をリセットするかどうかを指定する事ができます。

・SC-88 を使用する場合に本体の 55MAP ボタンを押さなくても、ソフト側で
 55MAP をエミュレーションする事が可能です。

・S-MPU を使用している場合に限り MIDI IN から入った MIDI 信号を THRU
させる事ができます。

・SC-88,MU-80 など F5 イベントに対応している音源を使用した場合、音源
 の TO HOST 端子にシリアル直結した場合にかぎり、1 PORT で 32 CH 制御
 可能です。

・ファイルパスや、データ中のタイトル・メモ欄などを検索し、SC-88 を
 使用した場合 ALL 55 MAP エミュレーション機能を使用するかどうかを
 自動識別する事が可能です。

・音源のボリュームコントロールをする事が可能です。ボリュームコント
 ロールにはトラックボリューム(コントロールチェンジ #07)を使用し
 ているので、MIDI 音源の機種に依存しません。特に、音源にボリューム
 つまみのない SCP-55を使用する場合には便利な機能です。

動作環境

MiyaPlay for Win Lightの対応動作環境
ソフト名:MiyaPlay for Win Light
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Miyaan 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プレイヤー  RCP  SMF 


「RCPプレイヤ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WMIYAP10.DLL RCP/R36/SMFを演奏する機能を提供するDLL(ユーザー評価:0)
  2. WMIYAP16.DLL レコンポーザファイル,標準MIDIファイルを演奏する機能を提供するDLL(ユーザー評価:0)
  3. MiyaPlay for Win Light Windows用 RCP/R36/SMFファイルプレイヤー(ユーザー評価:0)
  4. SC-88 コントロールデータ集 Win3.1 レコンポーザー用 SC-88 コントロールデータ集(ユーザー評価:0)
  5. WinRcp Windows上で.rcpファイル (レコンポーザのデータファイル)を演奏(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック