fcal

UNIXデスクトップ常駐表示用の小型簡易カレンダー


ソフト詳細説明

その昔UNIXデスクトップにずっと表示させておく用のカレンダーがほしい,と思い作ったものです.
作成した当時(2000年頃)はこういったカレンダーソフトウェアは他になく,ターミナルで $ cal する人が多かった時代なので案外普通に使えるものでした.
今だと他にもっといいものありそうですが,とはいえ個人的にはいまだに使ってますので残します.もはや自分用.

動作環境

fcalの対応動作環境
ソフト名:fcal
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 舟山 洋央 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスクトップ  カレンダー  常駐  小型  UNIX 


「カレンダ」カテゴリーの人気ランキング

  1. SimpleCalendar(シンプルカレンダー) 休業日などを色分けし、インラインフレームでカレンダー表示できる(ユーザー評価:0)
  2. Print Calendar 表示するカレンダーの日付の休日判定をしてHTMLのテーブルタグでカレンダーを出力(ユーザー評価:0)
  3. 元号表示カレンダーコマンドghcal 昭和、平成からの元号入力もできる(ユーザー評価:0)
  4. 祝日表示カレンダーコマンドhcal Linux版 コマンドを実行することで祝日入りカレンダーが表示(ユーザー評価:0)
  5. fcal UNIXデスクトップ常駐表示用の小型簡易カレンダー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック