GSPLAY/pure

MIDI sound display system


ソフト詳細説明

GSPLAYはMIDI用演奏データを演奏するプログラムです。
 データファイルはスタンダードMIDIファイル(ファイル名の拡張子は.MID)と
EUPHONY 形式(ファイル名の拡張子は.EUP)に対応しています。ただし,内蔵音
源用に作成されたEUP ファイルは演奏できません。

・GSPLAY/pureはGSPLAY/true(シェアウェア)からGSパラメータ編集機能を省略したものです。

 ・特徴

・各種演奏情報をリアルタイムに画面に表示します。
 GSPLAYは,演奏データをリアルタイムに解析しGS音源(SC-55 )の動作を
すべてエミュレートしています。演奏中でもGS音源の各種状態が即座にわか
ります。
※ SC-88 には対応していません。

・SC-55 液晶ディスプレイ・エミュレート
 SC-55 等のMIDI音源についている液晶ディスプレイを,エミュレーション
によって画面上に表示しています。
 液晶ディスプレスでアニーメションを使ったデータも再現できます。

・GS音源(SC-55 )のほとんどすべてのパラメータに対応したGSエディタ
 GSPLAYは演奏しながらでもGS音源の各種パラメータを変更・設定できます。
  変更したGS音源の設定はバルクダンプ形式でスタンダードMIDIファイル,
またはMEX ファイルとして保存することができます。
 また,任意の書式でGS音源の各種パラメータ/設定状態をテキストファイ
ルに書き出すことができます。

・マルチポート対応
 スタンダードMIDIファイル形式(format 1)の演奏データは,トラック設
定データファイル(拡張子.MTK)を用意することでトラック毎にMIDIポート
とMIDIチャンネルの指定・変更ができます。これにより,MIDIポートを複数
 使う演奏データの再生も可能です。

・歌詞表示機能
  GSPLAYはKOK 形式とKOK V2形式の2つの歌詞データファイルに対応してい
ます。
 KOK 形式では,GSPLAYのすべての機能を利用しながら歌詞表示が行えます。
 KOK V2形式は,全画面を利用した歌詞表示が可能で,16色/32768 色画面
モードを使い直線や四角形といった描画やTIF 画像データの表示が行えます。

・内蔵音源による演奏機能
・WRD 対応MIDIプレーヤ呼び出し機能
・BGM 登録機能

動作環境

GSPLAY/pureの対応動作環境
ソフト名:GSPLAY/pure
動作OS:FM(TOWNS)
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: 小林 太郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

MIDI  display  sound 


「プレイヤ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Cool! シェル対応のMIDIプレイヤー(ユーザー評価:0)
  2. MP (TOWNS) MIDI音源なしで,標準MIDIファイル(.MID)を聞く(ユーザー評価:0)
  3. SMFPLAY サイドワーク対応 スタンダードMIDIファイル演奏プログラム(ユーザー評価:0)
  4. GSPLAY/pure MIDI sound display system(ユーザー評価:0)
  5. GSPLAY/true MIDI sound display system(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック