ExtremeCopy

コピー&ペースト処理を高速化できるファイルコピーソフト


レビュー

ExtremeCopy SSクリックで拡大します 動作中の画面。コピー処理ごとに速度の調整やシャットダウンなどを指定できるファイル/フォルダのコピーや移動を高速化するユーティリティ。Windows標準の機能に比べ、20%以上の高速化が可能。
「ExtremeCopy」は、Windows標準のコピー機能の代わりに、シームレスに動作するファイルコピーソフト。メイン画面に相当するような操作画面やツールバーなどはなく、ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストといったおなじみのファイル操作を行うだけで、高速に処理される。処理実行中の一時停止やスキップも可能。
コピー/移動操作を行うとダイアログが表示され、現在処理中のコピー/移動の進捗状況および操作全体の進捗状況がプログレスバーで確認できる。経過時間や残り時間もわかる。
ダイアログでは、処理の一時停止と再開、中断、現在...

>> 記事全文を読む

動作環境

ExtremeCopyの対応動作環境
ソフト名:ExtremeCopy
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: Easersoft 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ペースト  高速化 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastCopy Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール(ユーザー評価:4)
  2. pathway ファイルのパスをクリップボードに送る(ちょっと便利な機能付き)(ユーザー評価:4.5)
  3. WatchFile ファイルやフォルダの変更を監視してメールで通知する(ユーザー評価:0)
  4. dINDEX.2 ファイルインデックス管理ユーティリティ(ユーザー評価:4.5)
  5. FolderDiff フォルダの比較ツール(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • IOTransfer 4 PRO - iTunesを介さずにiPhone・パソコン間でファイルを簡単に転送。iPhone内のジャンファイルの削除も可能
  • AnyTrans 8 - iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • FileRenamerSpecific 1.1.1 - ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
  • dINDEX.2 2.13.00 - 実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
  • AppSitter 1.0.0.20180709 - iOSデバイスのアプリの管理やホーム画面アイコンの整理をパソコンを使って快適に行える

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック