スタートアップチェッカー

スタートアップ・プロセス・サービスの設定変更およびスタートアップ情報常駐監視機能を備えたツール


レビュー

スタートアップチェッカー SSクリックで拡大します メイン画面。登録されたスタートアップアイテムの詳細情報を確認できる不要なスタートアップやプロセスを無効にできるソフト。新たにアイテムが登録されると、通知する機能も備える。
「スタートアップチェッカー」は、Windowsの起動と同時に起動するスタートアップアイテムをリストアップし、設定変更を行えるソフト。スタートアップのほか、プロセスやWindowsサービスの管理を行うことも可能。スタートアップに登録されたものだけでなく、レジストリの自動起動項目に記述されたものも管理対象となる。
起動後、処理対象を「スタートアップ」「プロセス」「サービス」から選択すると、該当する項目が読み込まれ、メイン画面にリスト表示される仕組み。ユーザがリストからアイテムを選択すると、さらに詳細な情報を確認できるようになっている。

>> 記事全文を読む

動作環境

スタートアップチェッカーの対応動作環境
ソフト名:スタートアップチェッカー
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: cougar 

ユーザーの評価(34人):2.5
コメント:20
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

常駐  監視  サービス  スタート  プロセス 


「スタートアップ」カテゴリーの人気ランキング

  1. スタートアップチェッカー スタートアップ・プロセス・サービスの設定変更およびスタートアップ情報常駐監視機能を備えたツール(ユーザー評価:2.5)
  2. SterJo Startup Patrol スタートアップに登録されたプログラムの監視・管理支援ソフト(ユーザー評価:0)
  3. Autorun Organizer スタートアップエントリを最適化し、Windowsの起動をスムーズにする(ユーザー評価:0)
  4. Startup Delayer スタートアッププログラムの起動タイミングを設定する(ユーザー評価:2.5)
  5. マリー スタートアップのお手伝いさん(ユーザー評価:0)

「システム起動・終了」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック