マル秘エディタ

機密保持機能 参照機能付文書編集計画


レビュー

マル秘エディタ SSクリックで拡大します 同梱のMHEditor.txtと、それを暗号化したファイルをメモ帳で開いたところ(画面は合成)“他人に読めないテキスト文書を作ることを目的とした”テキストエディタ。2段階の暗号化テキストを作成することができる。暗号化のほかにも、文書内ジャンプや外部ファイルへのリンク、ウィンドウ分割などの機能がある。
「マル秘エディタ」は、ソフト名からもわかる通り、文書の暗号化機能をメインにしたテキストエディタだ。暗号化では「マル秘レベル」を設定することができ、レベル1は「マル秘エディタ」でのみ開ける形式、レベル2は「マル秘エディタ」+設定したパスワードを入力しないと開くことができない形式となる。パスワードは、保存する文書ごとに半角4文字分で設定し、漢字や▲などの記号も使用できる。マル秘レベル0で保存すれば、通常のテキストとなる。現在編集中の文書がどのレベ...

>> 記事全文を読む

動作環境

マル秘エディタの対応動作環境
ソフト名:マル秘エディタ
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 石川 典夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

文書  計画  保持  機密 


「テキストエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. MKEditor for Windows 初心者にも扱いやすい高機能なマルチドキュメント対応エディタ(ユーザー評価:4)
  2. VerticalEditor 縦書き・ふりがなに対応したアウトラインプロセッサ(ユーザー評価:0)
  3. ToMoEditor ニュー マルチ ドキュメント インターフェース メモ(ユーザー評価:4)
  4. Giga Text Viewer 巨大なテキストファイルを瞬時に開いて閲覧編集できる(ユーザー評価:0)
  5. AkelPad 4 プラグインで機能追加できる、SDI/MDI両対応のテキストエディタ(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AkelPad 4 4.9.3 - 必要な機能だけをプラグインで組み込める、SDI/MDI両対応の軽快なテキストエディタ
  • Giga Text Viewer 1.2.0.5 - ビッグサイズのファイルも瞬時に開いて閲覧できる、シンプルなテキストビューア
  • e-メモ 0.26 - リッチテキスト形式や文字・段落の書式設定にも対応した“ワープロ風”テキストエディタ
  • 秀丸エディタ 8.00 - 「ファイルマネージャ枠」などで、さらに機能を充実させた“定番”テキストエディタの新バージョン
  • GoEditor for Windows 0.98 - 強力な編集・検索機能と壁紙表示機能などのユニークな機能とをあわせ持つテキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック