窓立て2

ウィンドウを立体化するツール


レビュー

窓立て2 SSクリックで拡大します ウィンドウを「立体化」すると、デスクトップに奥行きが感じられるアクティブなウィンドウを傾けて縮小表示し、ウィンドウのスムーズな切り替えをアシストするソフト。ウィンドウの立体感と奥行きを表現してくれるので、見た目が楽しい。
「窓立て2」は、デスクトップ上のウィンドウをボタンひとつで立体的に配置してくれるソフトだ。立体化させたままの移動や、ウィンドウの回転などにも対応している。ウィンドウを立体化して表示させるには、タイトルバーの最小化ボタンの左に追加される「立体化ボタン」をクリックする。立体化したウィンドウ(「立体窓」と呼ばれる)のタイトルは上端か左端に表示され、縮小表示されたウィンドウの判別も容易だ。
デスクトップ内の配置位置により、立体窓は自動回転する。立体窓の移動は通常のドラッグ操作で行えるほか、右...

>> 記事全文を読む

動作環境

窓立て2の対応動作環境
ソフト名:窓立て2
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 篠原 隆之 

ユーザーの評価(10人):4
コメント:10
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  立体 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. Pageicon Windowsの仮想画面を作り、目的別に画面を分けて作業を行うことができる(ユーザー評価:3.5)
  2. CabFixer 開いているフォルダーや開くフォルダーの表示やサイズを統一(ユーザー評価:3)
  3. Pittoresque table デスクトップのアイコン名を透過・色変更・デスクトップ自体のスタイル変更を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. Tray Tools 2000 タスクトレイ上に任意のショートカットを登録し、すばやく起動できるタスクトレイ拡張ソフト(ユーザー評価:0)
  5. RiseUp(ライズアップ) 特定ソフトの沢山のウィンドウから素早く選んで浮かび上がらせるツールで、IMEの状態を色でお知らせ(ユーザー評価:2.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • ウィンドウ位置記憶プログラム 2.17 - 簡単な操作でウィンドウの位置・サイズを記憶し、ワンクリックで再現できる
  • DesktopOK 4.27 - デスクトップアイコンのレイアウトを簡単な操作で保存・復元。複数のレイアウトを切り替えられる
  • Tray Tools 2000 2.7 - 登録したプログラムやファイルをタスクトレイからすばやく呼び出せる
  • Taskbar Shuffle 2.5 - タスクボタンやタスクトレイアイコンを自由に並べ替えられるソフト
  • VirtuaWin 4.3 - 複数の作業環境をスムーズに切り替えながら利用できる、カスタマイズ性の高い仮想デスクトップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック