黙れ!(MS)IR

3Com-PalmPilot/IBM-WorkPadのIrObex(ビーム受信)をオンのままで利用できる


ソフト詳細説明

 Windows98にバンドルされた、マイクロソフト赤外線モニタは、デバイス探索間隔の設定を変更しても、デバイス探索発光を続ける。
 今までは、ノートPCの電池が減る程度で、大きな問題にもならなかったが、周辺機器として3Com-PalmPilot/IBM-WorkPadが赤外線通信装置を搭載したことにより問題が生じた。
 3Com-PalmPilot/IBM-WorkPadをWindows98マシンに近づけると、ビームダイアログ「送信者を待っています」が頻繁に出現し、赤外線によるデータシンクロ(ホットシンク)を行っているユーザーのIrObex(ビーム受信)の機能をその都度無効にする必要がある。

 このソフトを常駐しておけば、3Com-PalmPilot/IBM-WorkPadのIrObex(ビーム受信) をオンのままで利用できる様になる。もちろんデータシンクロ(ホットシンク)も可能である。
 (PalmOS3.0/3.1では赤外線ホットシンクの為には、 3COM-IrEnhance または、( IBM-IrSync と IS/Complete-IrLink)が必要.)
 (PalmOS3.3では標準で赤外線ホットシンクがサポートされていて追加の赤外線モジュールの導入は不要)
 リモコンコンfor PalmPilot / WorkPadユーザーも、設定の変更が不要となる。

動作環境

黙れ!(MS)IRの対応動作環境
ソフト名:黙れ!(MS)IR
動作OS:Windows 98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 岡田 宏 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

受信  オン  om  WorkPad  PalmPilot  ビーム  IrObex 


「インターネット&通信」カテゴリーの人気ランキング

  1. Hermlet Palm OS(R)ハンドヘルドで動作するPOP/IMAP対応メーラ(ユーザー評価:0)
  2. DataDive! Palm/WorkPad と通信環境でサーバから Palm 形式のデータを直接取り込み!(ユーザー評価:0)
  3. MemoURL メモしたURLをHotSync時にPCのブラウザで開く(ユーザー評価:0)
  4. PicChat 赤外線を使って2台の Palm でチャット(おしゃべり)をする(ユーザー評価:0)
  5. NetDrive Palmで動作するFTP&Windows両用クライアントプログラム(ユーザー評価:0)

「インターネット&通信」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック