SmartActivate

最前面のウィンドウだけを前面に持ってきてフロントプロセスを切り替えるスクリプティング機能追加


ソフト詳細説明

指定したアプリケーションプロセスの最前面のウィンドウだけを前面に持ってきて、フロントプロセスに切り替えるスクリプティング機能追加です。

通常、アプリケーションプロセスをアクティブにすると、アプリケーションすべてのウィンドウは前面にでてきます。例えば、AppleScript から操作対象のウィンドウを表示させるために、 activate イベント等を使うと、そのプロセスのすべてのウィンドウが前面に出て来てしまいます。しかし多くの場合、対象としているウィンドウは1枚だけですから、よけいなウィンドウが前面に出て来て画面を覆い尽くしてしまうのは避けたい物です。SmartActivate はそんな問題を解決します。

動作環境

SmartActivateの対応動作環境
ソフト名:SmartActivate
動作OS:OS X
機種:Mac PPC Intel Mac
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: 栗田 哲郎 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  プロセス  スクリプティング  前面 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. URI Escape AppleScript でパーセントエスケープ/アンエスケープを行うスクリプティング機能追加(ユーザー評価:0)
  2. Dr.PatchMan Cocoaアプリケーション用のパッチアプリケーション作成プログラム(ユーザー評価:0)
  3. OSXCalc OSX付属の計算機も高機能でプログラミングのために高度な計算を行うことができる(ユーザー評価:0)
  4. Swiftの学習帳 SwiftでのDeskTopアプリ作成のサンプルコードとノート(ユーザー評価:0)
  5. Z80逆アセンブラ hoja for Mac OS X Z80逆アセンブラhojaのMac OS X版 ラベル付加 文字列判別 未定義命令対応 非GUIのコマンドライン(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック