シンデレラ2

インタラクティブな幾何・物理シミュレーションとプログラミングができる


ソフト詳細説明

シンデレラ2は、インタラクティブな幾何学と物理シミュレーションのためのソフトウェアです。1998年の末、シンデレラの初版がドイツでリリースされました。(日本では2003年にCDつき書籍の形で、シュプリンガー東京から発行されました。)
それから7年半を経て、2006年にシンデレラはシンデレラ2に生まれ変わりました。シンデレラ2では、幾何の描画機能がかなり強化されている他、CindyLabとCindyScriptという2つの機能が加わりました。これにより、シンデレラは平面図形を扱うだけの幾何ソフトという範疇を大きく超えたものになりました。
CindyLabでは物理シミュレーションがおこなえ、CindyScriptではその名の通り、プログラムを書くことができます。図形の証明、フラクタル、惑星の運動のシミュレーション、ばねや振り子のシミュレーション、大時計など応用は多岐にわたります。 この配布版は正式リリースですが、英語版(メニューの一部は日本語)です。日本語版(β版)の入手方法などは、readme.txtに記述されています。

利用条件・試用期間中の制限など

試用時間は1回の起動で15分。回数、期間の制限はありません。

動作環境

シンデレラ2の対応動作環境
ソフト名:シンデレラ2
動作OS:OS X
機種:Mac PPC
種類:シェアウェア:8,700円
作者: 入谷 昭 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

その他送金方法あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「算数・数学」カテゴリーの人気ランキング

  1. GeoFlair 算数・数学等に関する書類を簡単作成、簡単な対話型教育用コンテンツの作成まで(ユーザー評価:0)
  2. 素因数分解君 自然数の素因数分解をして結果を表示 最大公約数、最小公倍数を求める機能もある(ユーザー評価:0)
  3. C14 n進数変換(ユーザー評価:0)
  4. PiSolver68K ガウスの公式を使って円周率を計算する(ユーザー評価:0)
  5. 素因数分解 for PPC 自然数を素因数分解(ユーザー評価:0)

「算数・数学」カテゴリのソフトレビュー

  • GeoFlair 2.2 - 思い通りの図形や線を簡単に描画できる図形作成ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック