QTMusic KB

マックのキーボードを使って、QuickTimeのMIDI音源を鳴らす


ソフト詳細説明

機能
 QTMusic KBは、マックのキーボードを使って、QuickTimeのMIDI音源を鳴らすためのプログラムです。

使用方法
【1】QTMusic KBは、ダブルクリックで起動するアプリケーションプログラムです。
【2】ウインドウには、その時選択されているシンセサイザーのタイプと名前、楽器の名前と番号が表示されます。起動時に選択されている楽器は、標準的なドラムキットであす。この状態でスペースキーを押せば、スネアの音が内蔵スピーカから出力されます。同様に/を押せばバスドラの音が出力されます。指を駆使すれば、ハイハット・バスドラ・スネア・シンバル等を使ったパターンが演奏できます。
【3】ファイルメニューの「楽器を選ぶ」を選択すると、ダイアログが表示されて楽器を選択することができます。ドラムキット以外の楽器を選択した場合には、自動的にキーアサインがピアノ風に変更され、画面の表示の切り替わります。この場合のキーボードは、ピアノの鍵盤のように扱ってください。
【4】ファイルメニューの「クリック音:ハイハット」を選択すれば、ハイハットの音を定期的に鳴らしてくれます。「カウベル」はカウベルをクリック音にする指定。クリック音は、初期状態ではだいたい1/4秒に1回発音します。ファイルメニューの「はやく」や「遅く」で大まかな調整ができます。
【5】Version 1.1からは、ドラムキット演奏時のキーアサインを変更できるようになりました。ウインドウ上の絵の中の、変更したいキーが表示されている部分をマウスでクリックすると、キーアサインを変更するためのダイアログが表示されます。
 変更されたキーアサインは、プリファレンスファイルに保存され、次回起動時に自動的にセットされます。

動作環境

QTMusic KBの対応動作環境
ソフト名:QTMusic KB
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:フリーソフト
作者: 松原 卓二 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  音源  マック  MIDI  QuickTime 


「MIDI関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. CocoaPiano キーボードを鍵盤のように使え、SoundFontに対応したピアノ(ユーザー評価:0)
  2. SMFConverter for MacOSX SMFフォーマット変換Midiテキスト書出しXF対応(ユーザー評価:0)
  3. MIDIBuzz MIDIメッセージ出力ソフト(ユーザー評価:0)
  4. iGotHarmony Macで作曲するには何が必要かを考え開発したMIDIシーケンサー(MacOSX専用)(ユーザー評価:0)
  5. TinyGM MacOSX標準DLSシンセサイザを用いた、スタンドアロンGMソフトシンセサイザ(MacOSX専用)(ユーザー評価:0)

「音楽関係」カテゴリのソフトレビュー

  • AnyTrans 7 - iPhone・iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • 長谷川ドラマー塾! 1.0 - キータイプでの“Macドラマー”を養成する異色の音楽ソフト
  • Mono Eye 1.2 - アナログシンセライクなインタフェースとシーケンサ機能を持つサウンドスタック

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック