NLSFuncサポートTSR

DOSの国別コードや、コードページの変更などをサポート


ソフト詳細説明

DOSの国別コードや、コードページの変更などをサポートします。
常駐後はDOSの一部として動作します。

動作にはDOS3.3以降が動作している機械が必要です。98用の
DOS3.3は実はDOS3.21なので動作しません。また、MS-
DOSの内部構造に密接に依存している為、DR-DOS等の互換D
OSでは動作の保証は出来ません。

【書式】

NLS [options] [filename]

ーR
メモリに常駐しているNLSを取り除きます。
ーQ
静かに動作します。
ーL
UMBを使用しません。
Filename
国別情報ファイル名(殆どの場合、?COUNTRY.SYS?である)を指
定します。指定しない場合、CONFIG.SYSのCOUNTRY=行で指定し
たファイルが仮定されます。COUNTRY=の行の指定も無い場合、
カレントドライブのルートディレクトリの\COUNTRY.SYSが仮定
されます。

【解説】

DOS純正の同様のコマンドNLSFUNCが、98版のDOSには付属して
来ないので、悔しいから作りました。:ー)NLSFUNCと同じ動作をする筈
です。
常駐サイズも小さくなったし、動作速度も倍位速くなったし、DOS
の種類やバージョンもよりフレキシブルになったし、常駐を解除でき
る用になったし、UMB に自動で入るし、…と売り文句。:ー)

その他、詳しくはソースを参照して下さい。
…その他以外が無いって。(^^;

動作環境

NLSFuncサポートTSRの対応動作環境
ソフト名:NLSFuncサポートTSR
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ADAM 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コード 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. DRVEXEC config.sysから何でも起動しちゃおう! 実行形式(ユーザー評価:4.5)
  2. LPKKC KKCFUNC.SYS 互換ドライバ(ユーザー評価:0)
  3. DRVEXEC ソース config.sysから何でも起動しちゃおう! ソース(ユーザー評価:0)
  4. マルチ回転扉作成 HTMLのrefreshを使った時間指定、自動逐次画像表示(ユーザー評価:0)
  5. CLK$ CLOCKデバイスの名前をCLOCK$に変更(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック