オートダイアラ

LXをオートダイアラーにする


ソフト詳細説明

Dial.exm はクリップボードから電話番号を読んで、モデムに送信するプログラムです。システムマクロとフォーンブックと組み合わせて、LXを(やや高価な)オートダイアラーにすることが出来ます。

注意:トーンダイアラではありません!!! モデムが必要です。古い遅いモデムでかまいません。

モデムを2400から9600へ、さらに14400に、さらに28800にアップグレードして来て、今はISDNつかってる、なんていう人の押し入れには古いモデムがごろごろしてると思います。そのような廃品の有効活用が可能です。

HPLX Mailing list での議論(途中からメールのやり取りになりましたが・・・)から生まれたプログラムです。話の勢いで作ってしまいました。「クリップボードからコムポートに送信するプログラムはないかな?」「内蔵 DataComm とシステムマクロの組み合わせでは?」「でも、DataCommはメモリ食いだから小さいのがいい」「じゃ、これでどうだ」「でも、自由に設定が変えられる方がいい」「よし、じゃこれで...」みたいにして生まれたものです。

動作環境

オートダイアラの対応動作環境
ソフト名:オートダイアラ
動作OS:MS-DOS
機種:その他
種類:フリーソフト
作者: じゃん べ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

LX  オートダイアラー 


「通信ソフト」カテゴリーの人気ランキング

  1. HISPEED 100LX/200LX用 シリアルポート文字化け防止(ユーザー評価:0)
  2. Fax Launcher SRFAXのランチャー(ユーザー評価:0)
  3. Telemes.exm テレメッセージ対応ポケットベル自由伝言生成/解読プログラム(EXM形式)(ユーザー評価:0)
  4. オートダイアラ LXをオートダイアラーにする(ユーザー評価:0)
  5. LX-DIAL トーンダイアラー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック