LX-DIAL

トーンダイアラー


ソフト詳細説明

LX-DIAL.EXEとLXDT.EXEからなり、システムマクロと組み合わせてつぎのような動作をさせるプログラムです。

1. LXのPhonebookからクリップボード経由で電話番号(business, home, alternate, FAX)をLX-DIAL.EXEに渡します。
2. LX-DIAL.EXEはユーザの指定により、外線番号を付加したり、コーリングカード用の番号を初めに付けたり、市内通話の場合には市外局番を省略したり、などの対話的処理をして実際にかける番号を決定し、LXDT.EXEに渡します。
3. LXDT.EXEがトーンを発生します。

トーン発生をおこなう LXDT.EXE は、単体でほかのプログラムあるいはバッチと組み合わせて使うこともできます。

動作環境

LX-DIALの対応動作環境
ソフト名:LX-DIAL
動作OS:MS-DOS
機種:その他
種類:その他
作者: じゃん べ  Carl-Werner Oehlrich 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

トーンダイアラー 


「通信ソフト」カテゴリーの人気ランキング

  1. HISPEED 100LX/200LX用 シリアルポート文字化け防止(ユーザー評価:0)
  2. Fax Launcher SRFAXのランチャー(ユーザー評価:0)
  3. Telemes.exm テレメッセージ対応ポケットベル自由伝言生成/解読プログラム(EXM形式)(ユーザー評価:0)
  4. オートダイアラ LXをオートダイアラーにする(ユーザー評価:0)
  5. LX-DIAL トーンダイアラー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック