WIN2ROM

Windows → ローマ字 キリール文字変換テーブル(双方向変換型)


ソフト詳細説明

Windowsのキリール文字コードのテキストファイルをローマ字で記述されたロシア語テキストファイルに変換します。
オリジナルの文書に英字と"'"が含まれていなければ変換された殆どのファイルはROM2WIN.TBLで元のWindowsコードに逆変換可能です。ただし、変換された文書は読みずらいという欠点があります。
変換後の読み易さに重点を置く場合は逆変換の可能性は犠牲にして、"可読型"(WIN2ROMA.TBLまたはWIN2ROMB.TBL)を使用して下さい。



DOSプロンプトに対し、WIN2ROM の後に変換元ファイル名と変換先ファイル名をタイプしてリターンキーを押せば変換を実行します。
ファイル名にはドライブ名、ディレクトリ名を含むことができます。
----------------------------------------------------------------------------
使用方法 : WIN2ROM <変換元ファイル名> <変換先ファイル名>
----------------------------------------------------------------------------
<<変換元ファイル名>> 変換対象のファイル名。
<<変換先ファイル名>> 変換結果を収納するファイル名。
変換先ファイル名を省略した場合、変換元ファイルの拡張子を .1 に変更した
ものが変換先ファイル名として使用されます。
拡張子が変換元ファイル名のものと同一の場合、変換は実行されません。
----------------------------------------------------------------------------

動作環境

WIN2ROMの対応動作環境
ソフト名:WIN2ROM
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 藤田 誠 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  テーブル  ローマ字  双方向  キリール 


「テクノウェア製」カテゴリーの人気ランキング

  1. ASCTM ASCII → TECHNOMATE ロシア語ファイルコンバータ(ユーザー評価:0)
  2. WIN2DOS Windows → ロシア語DOS キリール文字変換テーブル(ユーザー評価:0)
  3. LEXTM LEXICON → TECHNOMATE ロシア語ファイルコンバータ(ユーザー評価:0)
  4. DOS2MAC ロシア語DOS → Macintosh キリール文字変換テーブル(ユーザー評価:0)
  5. MAC2DOS Macintosh → ロシア語DOS キリール文字変換テーブル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック