Back Up Environments

ファイルをバックアップするためのツール


ソフト詳細説明

【BUEとは?】
 BUE はファイルをバックアップするためのツールです。
 基本的にはハードディスクからフロッピーディスクにバックアップすることを想定していますが、限定はしません。

【特徴】
 ・ファイルを LHA(*1) で圧縮してバックアップします。
 ・バックアップするファイルをワイルドカード(*2)で指定できます。
  (例) *.c autoexec.*
 ・バックアップしないファイルを指定できます。
  (例) !*.bak ![0-9]*
 ・サブディレクトリをバックアップするかどうかを指定できます。
 ・バックアップしないサブディレクトリを指定できます。

【動作環境】
 DOS 上で動作します。JPERL(*3) が動作することが前提です。親プロセスのメモリをスワップさせる RSWAP(*4) を必要とします。
 UN*X 上では動作しません。
 GO32版 の JPERL(*3) では以下の動作に不安があります。
 ・`pwd` によるディレクトリの保存。
 ・日本語ファイル名を持つファイルのバックアップ。
 実行には、なるべく DOS 実行形式の JPERL.EXE(*3) を使ってください。

動作環境

Back Up Environmentsの対応動作環境
ソフト名:Back Up Environments
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: スクリプタ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バックアップ 


「バックアップ」カテゴリーの人気ランキング

  1. CPTD 期日指定&職住間ディレクトリコピー(ユーザー評価:0)
  2. D2F FAT32対応 バックアップツール(ユーザー評価:4.5)
  3. Back Up Environments ファイルをバックアップするためのツール(ユーザー評価:0)
  4. FLIST,SAMEBAT FLIST,SAMEBAT(ユーザー評価:0)
  5. HD定期バックアップ LHAを利用してHDのファイルをHDで一時的にバックアップ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック