VOICE

LXにマイクをつけよう計画


ソフト詳細説明

 HP100LX/200LXで音声の取り込みができたら面白いな、と思ったことはありませんか。でもそんなオプションは発売される様子はありませんね...。それでは、というわけでLXのシリアルポートにつないで使えるマイクユニットを作ってみました。
 このマイクユニットは、シリアルポートの信号線から電源をとってくれます。ですから、わずらわしい電池をユニットに内蔵していません。うまく作れば、5cm角くらいのケースに納めることもできるでしょう。すさまじい実装技術を持っている方なら、マッチ箱程度の箱に納めることができるかもしれません。(わたしにはできませんが。)
 このアーカイブに同梱されているVOICE.COMは、このマイクユニットを制御して、倍速100LX/200LXで最高15kHz程度のサンプリング周波数で音声を録音・再生できるプログラムです。サンプリング定理により、サンプリング周波数の1/2、つまり7.5kHz程度までの周波数の音声が記録できます。この周波数は、人の声を録音するには十分な値だと思います。(ちなみに、電話の最高周波数は3.4kHzです。)
 標準速のLXでは、おそらく7KHz程度のサンプリング周波数しか得られないと思います。

動作環境

VOICEの対応動作環境
ソフト名:VOICE
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 森 治也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

計画  マイク  LX 


「HP-100・200LX用」カテゴリーの人気ランキング

  1. X-Finder 魔法のゆーてぃりてぃ(ユーザー評価:0)
  2. X-Finder Server PC-98シリーズ NEC PC-98シリーズ版のX-Finder Server(ユーザー評価:0)
  3. Exm2Exe Converter シスマネ上で実行されるEXMファイルをEXEファイルに変換(ユーザー評価:0)
  4. EnoughBT Main電圧でバッチファイル分岐(ユーザー評価:0)
  5. LogExpress HP 100LX/200LX用 テキストファイルVIEWER(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック