LPASS

DOS汎用多機能パスワードチェッカ


ソフト詳細説明

 LPASS は、MS-DOS 汎用のパスワード入力要求プログラムです。他人が無断で使用出来ないように、パスワードによってコンピューターをロックするというものですが、こんな特徴があります。


(1) 動作定義ファイルによって、表示メッセージやウェイトの変更等を簡単に行うことができる。また、複数の動作定義ファイルを使い分けることもできる。
(2) 各種特殊キーを含めた柔軟なパスワードを複数(最大4つ)登録できる。
(3) パスワードを本体に暗号化して取り込むので、データファイル等の関連ファイルが必要ない。
(4) パスワード確認後、自動的に指定のコマンドやプログラムを実行させることができる。
(5) 時間指定実行が可能である。
(6) ひとおおりの機能(?)を備えていながらもけっこうコンパクトである。

 コマンドラインから直接実行するのはもちろんのこと、AUTOEXEC.BAT や、アプリケーションの起動バッチに書き加えるなどして使用なさってください。

動作環境

LPASSの対応動作環境
ソフト名:LPASS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 蘭太郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

チェッカ 


「各種セキュリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. PASSWD マルチユーザー パスワード ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. Lock User ID Check Utility(ハードディスクの中身を他人に見られるのを防ぐ)(ユーザー評価:0)
  3. PWD CONFIG.SYS/*.BATどちらにも入るパスワードツール(ユーザー評価:0)
  4. Directory Protector ディレクトリにパスワードロックをかけるプログラム(ユーザー評価:0)
  5. VMonitor ウイルスの感染行為と思われる怪しい行動を検出(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック