SET EXtended

環境変数に対して演算の結果を設定する


ソフト詳細説明

 環境変数に対して演算の結果を設定できます。パラメータには、設定する環境変数名と「=」、および演算式を記述します。設定する環境変数名は、「%」を付けずに記述する必要があります。
 演算式中に環境変数を使用することができますが、演算式中の環境変数名の左右には「%」が必要です。
 行うことができる演算は、数値の加減乗除(「+」、「-」、「*」、「/」)と文字列の加算(「+」)のみであり、かっこ(「(」、「)」)は使用できません。
 MS−DOSのSETコマンドとは異なり、MS−DOS起動時に指定した環境エリアの大きさを越えて設定することはできないため、もし「環境エリアオーバー」と表示されたなら「CONFIG.SYS」の「SHELL= ・・・ /E:999」で指定する環境エリアサイズを大きくしてください。
 子プロセスでは環境エリアが少なくなるため「環境エリアオーバー」になりやすくなります。

動作環境

SET EXtendedの対応動作環境
ソフト名:SET EXtended
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98
種類:フリーソフト
作者: 井上 明子 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変数  演算 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. KKCFuncサポートドライバ 日本語FEPの動作や切替のサポートをするドライバ(ユーザー評価:0)
  2. DRVEXEC config.sysから何でも起動しちゃおう! 実行形式(ユーザー評価:4.5)
  3. ENV_DRV 接続ドライブの種類を環境変数に設定する(ユーザー評価:0)
  4. 記録 実行する度にその日付と時刻を記録(ユーザー評価:0)
  5. NLSFuncサポートTSR DOSの国別コードや、コードページの変更などをサポート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック