Kcp

拡張ファイルコピー


ソフト詳細説明

Kcp v3.11 Kc v3.11 Kvi v1.33

Kcpはファイルコピーとファイル操作のためのソフトです。
Kcはコマンドライン版のファイルコピーユーティリティです。
Kviはファイル閲覧ユーティリティです。

特徴
Kcpはファイルのコピーや移動、その他のファイル操作のためのソフトです。「転
送元選択ウィンドウ」「転送先選択ウィンドウ」「オプション設定ウィンドウ」の3つ
の画面からなり、それらの間を自由に行き来してファイルのコピーや移動をすることが
できます。ファイル選択ウィンドウではファイルの閲覧及びファイルの名前、時間、属
性の変更やファイル、ディレクトリの削除等のファイル操作をする事ができ、各種エデ
ィター、アーカイバを利用することによりファイルの編集、解凍圧縮等をすることがで
きます。またコマンドの実行やコマンドの登録、拡張子によるコマンドの即実行機能、
スクリーンセーバーの自動起動機能なども備えています。また前回終了時の転送先やオ
プションの引き継ぎなどの機能で他のファイラー等であらかじめファイルを選択してか
らKcpを起動した場合も使い易くなっています。

動作環境

Kcpの対応動作環境
ソフト名:Kcp
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 三枝 克行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「ファイルコピー」カテゴリーの人気ランキング

  1. Quick Copy 高速コピー(ユーザー評価:0)
  2. ドライブディレクトリ移動 ドライブあるいはディレクトリの全体を上書き移動(ユーザー評価:0)
  3. YUPDATE UPDATE COPY & DELETE コマンド(ユーザー評価:0)
  4. 汎用ファイル複製 ファイルを複製(DUPLICATE)(ユーザー評価:0)
  5. 汎用多数ファイル複製本体名に番号 ファイルを多数複製ファイル本体名の末尾2桁に通し番号(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック