Advanced! CP

ファイルの複写


ソフト詳細説明

 ファイルを複写します。<source> のみを指定すると、<source> からカレン
トディレクトリに、<source> を複数指定すると、順番に <dest> にコピーし
ます。 <dest> には、一番最後に指定されたファイル/ディレクトリが使われ
ます。

eg. cp e:/ e:/*.* を ./ にコピー
cp e:/ i:/ e:/*.* を i:/ にコピー
cp e:/ f:/ i:/ e:/*.* , f:/*.* を i:/ にコピー

 <source>, <dest> は、ファイル名、 ディレクトリ名のどちらでもかまいま
せん。 cp は勝手に、ファイル名かディレクトリ名かを判断しますが、名前の
最後にパス区切り文字をおくと、ディレクトリ名として扱います。

eg. cp e:/ w/ e:/*.* を ./w/ にコピー
cp file_a file_b ./file_a を ./file_b にコピー
cp file_a dir_b/ ./file_a を ./dir_b/file_a にコピー

 ったく☆ 氏の作成した chd.exe のパス名展開ルーチンを呼ぶので、パス名
はある程度省略して書くことができます (....//*/tak/ など)。 詳しくは
EXTPATH を参照して下さい。

eg. cp ~ d:/bak 環境変数 HOME の指すディレクトリを d:/bak
にコピー
cp ... i:/ ../../*.* を i:/ にコピー

 cp は、@<filename> で間接引数(レスポンスファイル)を、- で標準入力
を読んでパラメータとします。 @, - で始まるファイルは、 @@<filename>,
--<filename> とすることでパラメータとして与えることが出来ます。

eg. cp @fil e:/ ファイル fil 内にあるファイル名を全て e:/
にコピー
eg. ls | cp - e:/ ls (ファイル名リストを表示するプログラム)
の出力したファイルを全て e:/ にコピー

 また、cp.exe と同じディレクトリに cp.cfg を見つけると、 それを読んで
オプションとします。詳しくは GETOPT の項を参照して下さい。

動作環境

Advanced! CPの対応動作環境
ソフト名:Advanced! CP
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: taks  ったく☆ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

複写 


「ファイルコピー」カテゴリーの人気ランキング

  1. cp ファイルおよびディレクトリのコピー ソース(ユーザー評価:0)
  2. zcopy 高機能ファイルコピー(ユーザー評価:4.5)
  3. ドライブディレクトリコピー ドライブあるいはディレクトリの全体を上書きコピー(ユーザー評価:0)
  4. YUPDATE UPDATE COPY & DELETE コマンド(ユーザー評価:0)
  5. cp ファイルおよびディレクトリのコピー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック