MaKURO

DOSキーマクロユーティリティー


ソフト詳細説明

このプログラムはキーマクロをDOS上のソフトで独立して実現する常駐ソフトです。

使用方法
  ? AUTOEXEC.BATで常駐させる。その後、各アプリケーショ
   ンの起動前に、環境変数をセットすることによって、起動時の設定を再
   設定できます。

  ? 一太郎やLOTUS・dBASE等の、アプリケーションソフトの起
動の前に常駐しておくと、アプリケーションソフトの任意のキー操作を
キーマクロとして登録する事が出き、記録ファイルを自由に指定できる
ので、各アプリケーションソフトの起動ごとに、異なったキーマクロが
   登録できる。また、各キー操作ごとに「ウエイト」が設定できるので、
   待ち時間の多いソフトや、キー入力バッファのクリアが起こる場合でも
   対応できる。

+α ?で常駐しておき、?のアプリケーションの起動バッチファイルに[SET]
コマンドで各アプリケーション適した、パラメータを環境変数に設定し
   MaKUROを使用する。

応用例

    ? 本ソフトはDOSのコマンドライン・アプリケーション上で同等に連続し
て作動するのでソフトの起動から、そのまま定型処理に移れます。
(アプリケーション上から、さらにDOSを呼び出しても作動します。)
**********************************************************
* ただし、アプリケーションは大抵、起動時にキーバッファを*
   * クリアするので、起動直後は数回の無意味なキー操作を行う*
* か、ウエイトを入れる必要がある *
**********************************************************

? アプリケーション毎にマクロ記録ファイルを指定し、共通な作業を同じキー操作に
     割り付ける。

例  終了・保存・読み出し・HELP・DOS呼び出し・アプリケーション復帰
          E  S   L    H     D      R

動作環境

MaKUROの対応動作環境
ソフト名:MaKURO
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 黒川 哲也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  マクロ  ユーティリティー 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. MILKEY X-MiNT キーボードドライバ (PC-98用)(ユーザー評価:0)
  2. Triple-9 キー操作の記憶と再生、再生中の表示画面の保存を行う(ユーザー評価:0)
  3. COMKEY RS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込むことにより1キーボードで2台操作(ユーザー評価:0)
  4. ahiru テンキーでカーソル移動を可能に(ユーザー評価:0)
  5. DCK メモリーに常駐してCAPS,カナのロック状態を表示(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック