DCI

ドライブ接続情報を環境変数に設定


ソフト詳細説明

 我が家のノートパソコンは、外出時に携帯することが多く、外付けディスクドライブ等の接続・切り離しにより、頻繁にドライブ構成が変わります。
また、ラムドライブの使用・不使用によってもドライブ構成が変わることになります。
そのため辞書のラムディスクへの転送やコマンド検索パスの設定をそのときのドライブ構成にしたがって行なうことになります。
また、自分用に組んだシステムディスクを他人の家で使う場合など、オートバッチでコピーした先がラムディスクではなくてハードディスクだったという事故も考えられます。(私は一度やったことがあります(^_^;))
なんとかこんな手間を省きたいと思い、環境変数を使ってバッチファイル上でドライブ名を得るためのプログラムを作りました。

動作環境

DCIの対応動作環境
ソフト名:DCI
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 澤田 益延 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライブ  変数 


「状況表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. FATM 12BitFATのマップを表示(ユーザー評価:0)
  2. XTREE MS-DOS標準のTreeコマンドを拡張したもの(ユーザー評価:0)
  3. TRCZ98 ディスク解析 プログラム for PC-9801/9821(ユーザー評価:3.5)
  4. chaser 指定されたファイル・ディレクトリのFATに記録されたクラスタチェインを表示(ユーザー評価:0)
  5. DISKSTAT ドライブ情報表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック