DIRS

ディレクトリスタックの操作


ソフト詳細説明

DIRS ディレクトリスタックの操作
書式
dirs {[-{c|d|p|s}] [+#|directory]} ...
-c スタックを解放する。
-d スタックを表示する。(ディフォルト)
-p スタックの 0 番目の要素を取り除く。
-p +# スタックの # 番目の要素を取り除く。
-s スタックの 0 番目と 1 番目の要素を交換する。
-s +# スタックの 0 番目と # 番目の要素を交換する。
-s dir スタックの 0 番目に dir を置く。

rename dirs.exe popd.exe とすると、-p がディフォルトになる。
rename dirs.exe pushd.exe とすると、-s がディフォルトになる。
(DOS 3+)

動作環境

DIRSの対応動作環境
ソフト名:DIRS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 植竹 和仁 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ディレクトリ  スタック 


「DIR作成・移動・指定」カテゴリーの人気ランキング

  1. LD/PD/SD/DD ディレクトリの別名定義・管理(ユーザー評価:0)
  2. PUSHD / POPD pushd が実行された時のカレントのパスを、popd が実行されたときに復元(ユーザー評価:0)
  3. 階層ディレクトリ一括作成 MDD 複数の階層に渡って、サブディレクトリを作ります(ユーザー評価:0)
  4. ワイルドカード対応Chdir ワイルドカード対応のChdirコマンド(ユーザー評価:0)
  5. CCD カレントディレクトリ移動プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック