CHILD.SYS

CONFIGのデバイスで子プロセスを実行するためのデバイスドライバ


ソフト詳細説明

child.sysは子プロセスを実行するためのデバイスドライバです。作成の
動機はDaichi(pcs14657)氏作のHOSopをconfig.sysのデバイスで実行できる
ようにしたかったからです。
デバイスドライバのinit実行中にMS-DOSのexecファンクションが使えれば
こういう機能は比較的容易に実現できるのですが、MS-DOSシステムの初期化
をしているSYSINIT実行中はフリーRAMを全て占有しているのでそのままでは
子プロセスを実行できません。そこでこのプログラムではMCBを直接操作する
ことによりTPA領域を確保しています。またデバイスドライバといってもメモ
リを消費しないので、フリーエリアは組み込み前と変わりません。
このプログラムの主な用途はHOSopの起動ですが、他のプログラムも起動で
きます。例えばsymdeb.exeを起動すると、通常は見ることのできないSYSINIT
のコードおよびデータを見ることができます。

動作環境

CHILD.SYSの対応動作環境
ソフト名:CHILD.SYS
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 三戸部 謙次 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバ  プロセス  CONFIG 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. DRVEXEC config.sysから何でも起動しちゃおう! 実行形式(ユーザー評価:4.5)
  2. KKCFuncサポートドライバ 日本語FEPの動作や切替のサポートをするドライバ(ユーザー評価:0)
  3. LPKKC KKCFUNC.SYS 互換ドライバ(ユーザー評価:0)
  4. NLSFuncサポートTSR DOSの国別コードや、コードページの変更などをサポート(ユーザー評価:0)
  5. RENDEV メモリ上のデバイス名のリネーム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック